青山建築デザイン・医療事務専門学校 - 学校案内や願書など資料請求[JS日本の学校]
  • 青山建築デザイン・医療事務専門学校
  • 青山建築デザイン・医療事務専門学校
  • 青山建築デザイン・医療事務専門学校
  • 青山建築デザイン・医療事務専門学校

あおやまけんちくでざいん・いりょうじむせんもんがっこう

青山建築デザイン・医療事務専門学校

(専門学校/北海道札幌市中央区) >>お気に入りに追加する

パンフをもらおう
※資料・送料とも無料

暮らしに寄り添い、笑顔を支える。[建築][医療]資格と就職に強い

青山建築デザイン・医療事務専門学校の 学科・コース

建築士・インテリアデザイン・医療事務・秘書について学ぶ

建築学科(2年)

建築設計デザイン科(2年)

  • インテリアコース(2年)

  • デザインコース(2年)

医療事務学科(2年)

  • 医療秘書・クラーク・薬局事務コース(2年)

  • 医療事務・診療情報管理士コース(2年)

診療情報管理士専攻科[※本校医療事務・診療情報管理士コース卒業生対象](1年)

上記は、2025年4月入学者対象のものです。

青山建築デザイン・医療事務専門学校の写真・動画

青山建築デザイン・医療事務専門学校のオープンキャンパス

とっておきニュース

青山建築デザイン・医療事務専門学校

2023年度の二級建築士合格率81.25%!そして、現役合格者1名輩出!

2023年度の二級建築士設計製図試験の合格発表があり、全国の平均合格率22.3%に対して本校の建築研究科の合格率は81.25%でした(建築研究科出席率90%以上)!また、本校の建築設計デザイン科 デザインコース 2年生(旭川工業高校出身)1名が在学中に現役合格しました!

青山建築デザイン・医療事務専門学校の就職・資格

就職

学生一人ひとりの就職活動もしっかりバックアップ

資格

少人数制で資格取得に有利

青山建築デザイン・医療事務専門学校の学費のこと

■初年度納入金(2024年度)
○建築学科・建築設計デザイン科:1,120,000円
○医療事務学科:960,000円
※入学金、授業料、施設維持費を含む。
※上記の金額とは別に、用具費、教科書費、行事費などで、約140,000~200,000円が必要。

■特待生・各種優遇制度(2024年度)
●特待生入学制度[授業料500,000円・200,000円・100,000円・50,000円免除]
●家族優遇制度[授業料100,000円免除]
●大・短・専卒業者優遇制度[授業料100,000円免除]
●AO入学優遇制度[授業料80,000円免除]
●受験料半額免除制度[受験料10,000円免除]
●診療情報管理士推薦入学[1年次の授業料半額(250,000円)免除]

青山建築デザイン・医療事務専門学校の特長

<建築系学科のポイント>
1.二級建築士合格率81.25%(2023年度本校建築研究科実績)
2.就職率100%(2023年3月2年課程就職希望者実績)
3.講師陣には一級建築士が16名在籍
4.卒業後すぐに「一級建築士」「二級建築士」両方の受験が可能!
5.札幌駅徒歩圏の好立地
6.2023年度よりBIM導入

<医療系学科のポイント>
1.医療事務学科就職希望者の就職率100%(2023年3月2年課程就職希望者実績)
2.最高資格取得数20個以上
3.「診療情報管理士」認定試験合格率80%(2022年度診療情報管理士専攻科平均合格率)
4.クラス担任制
5.2年進級時に「医療秘書・クラーク・薬局事務コース」「医療事務・診療情報管理士コース」の2コースから選択できる
6.スクールカウンセラーを配置

青山建築デザイン・医療事務専門学校を見に行く

オープンキャンパスでは、動画による学校紹介をはじめ各種実技などを実際に行い、 青山の専門的な学習を疑似体験することができます。大事な進路を決定する上での参考に、是非ご参加ください。詳細はページ上部のタブ「オープンキャンパス情報」をクリックし、ご確認ください。

青山建築デザイン・医療事務専門学校の所在地/問い合わせ先

〒060-0005 北海道札幌市中央区北5条西14丁目  0120-416-415(フリーダイヤル)

TEL.011-281-4155  FAX.011-281-4215 

青山建築デザイン・医療事務専門学校の資料や願書をもらおう

パンフをもらおう

※資料・送料とも無料

スマホで見るsmartphone

Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88

スマホで青山建築デザイン・医療事務専門学校の情報をチェック!

SNS紹介