テラー(金融機関窓口業務)になるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

テラー(金融機関窓口業務)になるには

銀行などの窓口でお客様サービスを行う金融機関の顔

銀行や信用金庫、信用組合などの金融機関の窓口業務係のことを「テラー」と呼びます。来店客と直接触れあう仕事だけに、「金融機関の顔」ともいえるでしょう。 仕事の内容は、窓口カウンターでの預金の受け入れや払い戻し、口座の開設、両替、公共機関への支払い代行、送金、振込など。また、定期預金をはじめ、融資、ローンや年金などの相談業務を担当する場合もあり、金融業務に関する幅広い知識が必要。専門学校や大学、短大で専門的な知識を身につけておきましょう。 金融機関に入社後、新人研修などで業務に必要な法務・財務・税務に関する知識や接客サービスなどを学んだ後、窓口業務に就きます。金融業務の知識はもちろん、経済や社会情勢などに関心を持ち、新しい情報を取り入れるようにしましょう。

ビジネス系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

テラー(金融機関窓口業務)になれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

関連する動画

ビジネス系(経営・経理・金融関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)