金融ディーラーになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

金融ディーラーになるには

瞬時に大きなお金を動かす金融のエキスパート

金融ディーラーとは、顧客の依頼によって預かった株や債権を売買し、差益を生み出すことが仕事です。例えば1株1,000円の株式を購入し、1,200円に上がった時に販売すれば200円の利益となります。金融ディーラーは、こうした売買(ディーリング)を大規模に展開することで大きな利益を生み出し、顧客に還元する金融のエキスパートです。外国為替市場で円やドルなどの通貨を売買する「外国為替ディーラー」や債券の売買を行う「債券ディーラー」、外貨を貸借する中で差益を追求する「マネーディーラー」など、何を扱うかによって細分化されます。 刻々と変わる相場の動きを見ながら、瞬時の判断で数億ものお金を動かす仕事は、手応えも大きい反面、わずかなミスで大きな損失を出すこともあるため、精神的なタフさも必要です。政治や社会の動き、国際情勢の変化が相場に大きな影響を与えるため、日頃から幅広い視野で情報の収集に努めたいものです。 活躍の場は銀行、証券会社、保険会社などで経験を重ねて自分の相場観を養い、個人ディーラーとして独立する人もいます。

ビジネス系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

金融ディーラーになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

関連する動画

ビジネス系(経営・経理・金融関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)