音楽雑誌記者・編集者になるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

音楽雑誌記者・編集者になるには

様々な音楽シーンを雑誌を通じて紹介する

現在ではさまざまな種類の音楽雑誌が発行されていますが、こうした雑誌に欠かすことができないのが、作る側の記者や編集者です。かたやアイドル中心、かたやジャズを幅広くというように、雑誌ごとにさまざまな切り口で書かれており、読者は自分の好みに合った雑誌を購入して楽しむことができます。こうした雑誌の記者はミュージシャン側から発表されたアルバムの評価やライブ・コンサートのレポート、インタビューなどを書き、編集者と相談して構成し、発行します。記者、編集者に共通して言えることは、音楽的な知識や教養があるのはもちろん、体力的にタフでなければなりません。 音楽雑誌記者・編集者になるには、音楽雑誌を出版している出版社や出版プロダクションに入社し、実力をつけていくのが一般的です。また、出版社に原稿を投稿したり、直接持ち込むという方法もあります。

音楽・イベント系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

音楽雑誌記者・編集者になれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

音楽・イベント系(音楽関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)