工学院大学 情報科学科(2023年4月名称変更予定)の詳細情報

こうがくいん

工学院大学

(私立大学/東京) >>お気に入りに追加する

情報学部 情報科学科(2023年4月名称変更予定)

社会システムを企画・構築できる人材を育成

情報科学科(2023年4月名称変更予定)の特長

カリキュラム

■1・2年次「情報を自在に扱うための基礎となる知識を徹底的に修得」
1年次から2年次第2クォーターまでは、学部共通のカリキュラムを設置。1年を4期に分けるクォーター制を生かして、3か月単位の短い学修サイクルで確実に理解するまで学び、一人ひとりの学力に合わせた進度で今後の専門分野への土台となる情報の基礎を完全に身につけます。

■2・3年次「企業や社会が必要とする情報の扱い方やシステム構築を学ぶ」
社会や企業を活性化するために何が必要かを考え、コンピュータやネットワークを道具として、情報システムを構築する方法を学びます。企業でのシステム構築や経営経験のある教員のもと、絶えず社会との接点を意識しながら情報を生かす知識をスキルを身につけます。

■4年次「社会や企業のニーズを反映した研究に取り組み卒業論文にまとめる」
卒業研究では、実社会のニーズを意識して自ら研究テーマを選定。個々の情報技術だけでなく、対象とする組織の全体をシステムの視点で捉え、複合的な課題を解決に導くプロセスを実践します。ここで鍛えた全体を考える力によって、卒業後の活躍の間口が大きく広がります。

もっと見る

独自の学習システム

■社会システムを企画・構築できる人材を育成
◎情報を基盤として社会・企業システムを構築する手法を学ぶ
◎情報分析から経営戦略立案まで、企業での情報の扱い方をトータルに学ぶ
◎ビッグデータなど大量のデータの活用方法を修復する

もっと見る

留学制度

■日本初!「ハイブリッド留学(R)プログラム」
本学オリジナルのこのプログラムは、一定以上の英語力が必須だった従来の参加条件を緩和し、専門科目は渡航した担当教員が日本語で実施。滞在中はホームステイ先や日常生活で生の英語に触れ、語学力を磨くという“ハイブリッドな環境”での留学が特長です。他にも現地提携校の授業料が発生しないため、経済的な負担も軽減。留学への大きな後押しとなっています。情報学部はアメリカ・シアトルで2年次第2クォーターに約10週間滞在します。

もっと見る

       

情報科学科(2023年4月名称変更予定)の概要

情報科学科(2023年4月名称変更予定)
  • 修業年数 4年
  • 募集共学
  • 学費168万1160円  [初年度納入金]

※2023年4月入学者対象のものです。

学べる学問

  • ・情報工学
  • ・データ科学
  • ・経営情報
  • ・情報インフラ

目指せる職業

  • ・一般企業の情報部門
  • ・コンピュータソフトウェア業界
  • ・公務員

資格

■卒業後、受験資格取得
設備士
■所定科目修得で取得
学芸員、中学校教諭1種(数学)、高等学校教諭1種(数学/情報)

就職について

大学院修士課程、一般企業の情報部門、コンピュータソフトウェア業界、公務員 など

工学院大学の所在地/問い合わせ先

●新宿キャンパス

〒163-8677 東京都新宿区西新宿1-24-2

TEL.03-3340-0130  (アドミッションセンター)  FAX.03-3340-2440 

●八王子キャンパス

〒192-0015 東京都八王子市中野町2665-1

工学院大学の資料や願書をもらおう

パンフをもらおう

※資料・送料とも無料

オープンキャンパス情報open campus

もっと見る

スマホで見るsmartphone

Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88

スマホで工学院大学の情報をチェック!

SNS紹介