東京デザイン専門学校 アニメーション科の詳細情報

とうきょうでざいんせんもんがっこう

東京デザイン専門学校

(専門学校/東京都渋谷区) >>お気に入りに追加する

パンフをもらおう
※資料・送料とも無料

アニメーション科

著名講師陣から現場で活きるアニメーションの実務を学ぶ、業界の最先端で活躍できる知識と技術レベルへ

アニメーション科の特長

学科・コースについて

アニメーションとは、コマ撮りなどよって作成された複数の静止画像により動きを作る技術のこと。皆さんもご存じのパラパラマンガが、アニメーションの原点といえます。ここ数年、アニメーション作品の需要はメディアの多様化や海外での人気の高まりとともに増えつつあります。しかし、現場のアニメーターの数は足りていない状況で、とくに作画の部分で確かな技術を持った人材が求められています。

【身につくスキル】
●作画力
長年培った描画力養成のノウハウで、高い作画力を習得。1年次はデッサンや作画基礎に十分な時間をかけ、プロで通用する技術を養います。

●背景美術力
背景の描画力は絶対に身につけておきたいスキルです。空間を的確に把握した構図の作り方と表現力を、デジタルで学びます。

●演習力
アニメーションには「動き」があります。キャラクターを次にどう動かすかなど、細かな演出が必要となり、そのための演出力も学びます。

●デジタルスキル
デッサンの技術だけでなく、デジタル化に対応するためCLIP STUDIO PAINTやAfter Effects等の動画加工ソフトも扱いながらセンスを磨きます。

●進行管理能力
アニメーションの現場で行われる制作全工程を理解することで、作品が予定通り放映されるまでの進行管理能力を身につけます。

もっと見る

学べる内容

■著名講師陣から現場で活きるアニメーションの実務を学ぶ
現場で通用するアニメーターを育成するため、デッサン・作画・キャラクターを中心にアニメ制作の全工程を学びます。「ONE PIECE」や「風立ちぬ」「ゴールデンカムイ」「3月のライオン」「ヴィンランド・サガ」「不滅のあなたへ」「おそ松さん」などを手がける著名講師陣が、現場で活きる技術を指導します。

<1年次:デッサン・動画・背景を学び、描画に必要な基礎を習得する>

<2年次:作品制作を通し、作画力・デジタルスキルを高める>

●主な授業内容[一部紹介]
・デジタル背景
Photoshopのオペレーションを基礎から学びながら、デジタル背景の描き方の基本と応用を身につけます。
・キャラクターデッサン
アニメ用にデフォルメやアレンジを加えたキャラクターのデッサン力を身につけます。さまざまなキャラクターを描き分け、表現する力を養います。
・Webアニメ
After Effectsの基礎知識と基本オペレーションを学び、Webやモバイル、スマートフォンなどの動画コンテンツを制作します。
・デジタル撮影
画像素材を合成する工程(コンポジット)で使用する、業界標準ソフトAfter Effectsの実践的なオペレーションをマンツーマン指導で学びます。
・特別講義(宇田鋼之介先生)
「ONE PIECE」をはじめ数多くの大ヒットアニメで監督を務めた、宇田鋼之介先生(本校卒業生)の特別授業。講義の後は、作品の講評を求める学生が殺到します。

■プロの現場でプロに学ぶ。だから成長が早くなる
アニメ業界との交流や、著名な現役講師による直接指導、有名プロダクションでのインターシップなど、プロの現場との接点を通して確かな実務能力を養えます。早くプロに近づきたいという学生を、しっかりと後押しできる環境です。

もっと見る

独自の教育体制

■原宿でデザイン活動!「原宿デザインカリキュラム」
原宿の商店街や企業などからの依頼を受けて、デザインをする原宿デザインカリキュラム。ビジュアルデザイン科の学生も積極的に参加し、学生のうちから実際のデザインの現場を体験し、卒業後に即戦力となれる力を身につけています。

・事例)北斎漫画を動画化した「北斎動画」を展示
浮世絵美術館として有名な太田記念美術館(原宿)で開催された「北斎漫画展」で、アニメーション科が取り組んだ「北斎漫画」を動画にした作品が展示されました。

その他、原宿竹下通りアーチ&イラストマップ、JR原宿駅・駅キャラクター制作など原宿を舞台にしたコラボがいっぱいです!

■一般企業の依頼に応える!「企業コラボレーション」
単なる作品作りにとどまらず、プロとしてのデザインワークやプレゼン方法などを学べるのが大きな特長です。プロとコラボレーションを図りながらデザインワークに取り組むことで、プロのスピードやコスト感覚など、「仕事」としての制作を肌で学ぶことができます。

もっと見る

学校について

■「学科を越えて学びたい」を叶える!
総合デザイン学校の強みを活かし、他学科との連携カリキュラムや、各人の進路や希望に応じて受講できる自由選択プログラム「プラス1講座」で、学科を越えた学びができます。専門性を磨きながら幅広く学んで、付加価値を高めていきます。

■貴重な実践の場で実力を試す「社会活動学生プロジェクト」
学生プロジェクト活動では、授業では経験できない企業課題やボランティア活動などに、学科・学年の枠を越えて多くの学生が参加しています。活動を通じて、自分のデザインを世の中に発信する実践的な経験が得られます。

もっと見る

入試について

本校への出願方法にはAO入学、推薦入学(学校推薦/TDA推薦/自己推薦)、一般入学があります。自分に合った出願方法を選んでください。

■AO入学ならではのメリット
●オープンキャンパス等への参加、本校教職員との面接により、本校への理解をより深めることができる。
●高校からの推薦書は必要なし。
●AO合格者には入学前課題学習。入学前にクリエイトする世界に触れることができる。
●選考料が全額(20,000円)免除。
●AO入学特別奨学制度で入学金が50,000円免除。
●早い時期に進路を決定することができる。

もっと見る

卒業後の進路

アニメーションの制作で原画作成などを行い、ストーリー展開の一翼を担うアニメーターや、物語の登場人物をビジュアル化するキャラクターデザイナー、アニメの世界観を表現するのに欠かせない背景美術デザイナーなどの職業があります。どの職業が欠けてもアニメが成り立たない重要な役割です。

■目指せる職業
●アニメーター
●キャラクターデザイナー
●背景美術デザイナー
●デジタル撮影
●演出家・監督
●制作進行

もっと見る

卒業後、就職について

■本校ならではの高い就職率!
※就職希望者に対する決定者の割合。全学科の実績。
2021年3月卒業生 87%
2020年3月卒業生 95%
2019年3月卒業生 96%

■デザイン分野就職率(全学科の実績)
※内定者のうち本校の各履修分野と関係する業種・職種に就職決定した割合
2021年3月卒業生 96%

■アニメーション科の就職状況
アニメーター、キャラクターデザイナー、背景美術デザイナー、デジタル撮影オペレーター、演出家、監督として、多くの卒業生がアニメ業界で活躍しています。現在、アニメ業界では、TV放映用のものだけでも1週間に100本もの新作が制作され、慢性的な人員不足が問題化しています。優秀な人材は常に必要とされている状況で、確かな技術を身につけた人にとってはチャンスの多い業界といえます。

■制作工程全般を習得できるから、就職の幅も広い
絵コンテから作画・背景美術・デジタル撮影から編集・アフレコまでアニメーションの制作工程をトータルに学べるのもメリット。これにより、背景美術や制作進行、撮影といった多彩な仕事への就職も可能になります。

もっと見る

目標資格

■取得可能資格
色彩検定

もっと見る

オープンキャンパス

■アニメーション科の体験入学に参加しよう!

●実習メニュー例
1.アニメーション作画
動きのある人物を描くテクニックがわかる!

2.アニメのキャラクターデザイン
キャラクターを描くための様々なテクニックがわかる!

3.はじめて描くデジタルアニメ背景画
Photoshopを操作して背景画を描いてみよう!

※日程詳細、お申込みは説明会ページをご確認ください。

もっと見る

       

アニメーション科の概要

アニメーション科
  • 定員30名
  • 修業年数 2年
  • 募集共学
  • 学費128万円  

※2022年4月入学者対象のものです。

アニメーション科の専攻・コース

  • アニメーション専攻

学べる学問

  • ・美術
  • ・デザイン学

目指せる職業

  • ・アニメーター
  • ・キャラクターデザイナー

資格

  • ・色彩検定

東京デザイン専門学校の所在地/問い合わせ先

〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-62-8

TEL.0120-339-929  (フリーダイヤル:入学相談用) 

東京デザイン専門学校の資料や願書をもらおう

パンフをもらおう

※資料・送料とも無料

スマホで見るsmartphone

Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88

スマホで東京デザイン専門学校の情報をチェック!

SNS紹介