【専門学校】東京のカメラマンを目指せる学校特集 オススメ13校|JS日本の学校

カメラマン/東京/専門学校検索結果一覧

13
見つかりました。

エリア

職業

初年度納入金

カメラマンとは

さまざまなメディアを彩る写真を撮る
 カメラマンとは、報道や芸能、広告などの分野で写真を撮影するカメラのスペシャリストです。新聞社や出版社、広告代理店などに勤務する場合と、フリーランスで働くなどのパターンがあります。  どのような形で働くとしても、カメラマンになるには、カメラをはじめとする機材の扱い方を覚えることが必須です。また、光の当て方や構図など、撮影に関するさまざまな知識を身につけて実………

▶学校情報を見る

」前に一括でパンフをもらうこともできます

カメラマン/ 東京/ 専門学校

気になる学校にチェックを入れて、「チェックした学校のパンフをもらおう♪」ボタンを押してください。

資料請求

update …最近情報が更新または追加された学校

1~13件を表示しています。(全13件)

表示されている学校にチェックをつける

  • 1

東京デザイン専門学校

キャンパスは原宿。産学コラボで「原宿」をデザインする学校!

東京デザイン専門学校

日本デザイン福祉専門学校

一人ひとりとの対話を大切にする。

日本デザイン福祉専門学校

創形美術学校

本物にふれる 本当の力をつける

創形美術学校

専門学校 東洋美術学校

基礎から学べる職業人教育で、即戦力となるクリエイターを育成。

専門学校 東洋美術学校

専門学校 桑沢デザイン研究所

デザイン教育のパイオニア。本気で学ぶなら<桑沢>がよい。

専門学校 桑沢デザイン研究所

日本工学院八王子専門学校

6カレッジ34学科設置。東京ドーム8個分の未来型キャンパスで学ぶ

日本工学院八王子専門学校

日本写真芸術専門学校

渋谷で学ぶ超実践!最新機材とプロの指導で、表現力を広げよう

日本写真芸術専門学校

日本工学院専門学校

5カレッジ22学科設置。蒲田駅から2分の都市型キャンパスで学べる

日本工学院専門学校

阿佐ヶ谷美術専門学校

さまざまなクリエイティブの基礎を学んで自分の可能性と出会う!

阿佐ヶ谷美術専門学校

東京ウェディング&ブライダル専門学校 update

就職率100%*! 1年半の学校独自のインターンシップで実力アップ!

東京ウェディング&ブライダル専門学校

日本外国語専門学校

安心の担任制で憧れの就職・留学・大学編入☆日本外国語で夢実現

日本外国語専門学校

東京映画・俳優&放送芸術専門学校

御茶の水美術専門学校

表示されている学校にチェックをつける

気になる学校にチェックを入れて、「チェックした学校のパンフをもらおう♪」ボタンを押してください。

資料請求
  • 1

カメラマン

カメラマンを目指せる専門学校を探す。学費やオープンキャンパス・入試の詳細情報、学部学科・コースの内容など、学校独自の特徴から進学先を比較検討できます。資料(パンフレット)や願書の請求、オープンキャンパスへの予約も可能です。また「カメラマンなるには?」などの職業紹介記事では、仕事の詳しい内容や、先輩が感じるやりがいなどを紹介したインタビューも紹介。日本の学校を利用して、あなたにピッタリの専門学校を探してみましょう。

 写真は、使われ方によって、ニュースなどの報道写真、雑誌のグラビアや表紙に使われる娯楽写真、心に感じたことを写真をとおしてうったえる芸術性の高い芸術写真、ポスターやカタログなどに使われる商業写真……と、いろいろ分けられます。カメラマンは、使われ方にあわせて、写真をとることをたのまれます。
 また、写真にとるものも、さまざまです。事件、事故、人物、自然、美術品、工業製品、料理、スポーツ、科学現象……。ありとあらゆるものが写される対象になります。そして、決定的な瞬間をとる、人物を美しくとる、商品の高級感を出す、料理をおいしそうにとるなど、それぞれ目的に合った写し方があります。カメラマンとして得意な分野をもっていることは、有利な条件になります。
 カメラマンになるには、写真についての専門知識と技術が必要です。大学の写真学科や写真の専門学校でカメラマンになる基礎を学び、それから、広告代理店や撮影スタジオに勤めたり、プロのカメラマンのアシスタントなどを経たりして独立するのが一般的です。

カメラマンにインタビュー
動物写真家です。今は、故郷に帰って里山のムササビをとっています。大学では野生動物、特にムササビの生態を研究していました。研究で写真をとっていたのですが、だんだん写真のほうがおもしろくなって、写真の専門学校に行きました。学校を出てすぐ、動物写真家のアシスタントになれました。大学で動物学をやっていたおかげかもしれません。
 アシスタント時代は、先生のあとについて日本だけでなく、世界中を回ることができました。また、動物をとるための大切なポイントを、直接いくつも教わり、とてもよい経験をしました。今は独立して、とりためたムササビの写真集を出すためにがんばっています。
 現代は、野生動物が生きていくのには、大変な時代です。これは先生もおっしゃっていることなのですが、わたしのとった写真で、世の中の人が少しでも野生動物に目を向けてくれるなら、とてもうれしいことです。