【専門学校】北海道のデザイン関連の職業を学べる学校特集 オススメ13校|JS日本の学校

デザイン関連の職業/北海道/専門学校検索結果一覧

13
見つかりました。

エリア

職業

初年度納入金

update …最近情報が更新または追加された学校

デザイン関連の職業/ 北海道/ 専門学校

1~13件を表示しています。(全13件)

  • ▶学校情報を見る

    」前に一括でパンフをもらうこともできます
  • 1

北海道芸術デザイン専門学校

創立58年の伝統と実績!bisenで「仕事としてのデザインを学ぶ」

北海道芸術デザイン専門学校

日本工学院北海道専門学校

大自然と最新設備を融合した新型キャンパス

日本工学院北海道専門学校

青山建築デザイン・医療事務専門学校

建築系/医療事務系の資格と就職に強い青山

青山建築デザイン・医療事務専門学校

吉田学園情報ビジネス専門学校 update

プロに学び、プロに直結。ゲーム・CG・AI・IT業界就職ならJo:Bi!

吉田学園情報ビジネス専門学校

北海道ハイテクノロジー専門学校

時代の変化に対応できる「今求められる職業人」の養成

北海道ハイテクノロジー専門学校

札幌科学技術専門学校

北海道唯一の理工系総合専門学校

札幌科学技術専門学校

北海道情報専門学校

HCSは開校52周年!卒業生は約18,000人(2020年)

北海道情報専門学校

旭川大学情報ビジネス専門学校

北海道ドレスメーカー学院

札幌情報未来専門学校

帯広コア専門学校

池上学院グローバルアカデミー専門学校

札幌デザイン&テクノロジー専門学校

  • 1

グラフィックデザイナーのお仕事
 本や雑誌、新聞、ポスター、パンフレット、カタログ、CDのジャケットなど、印刷物をデザインするデザイナーが、グラフィックデザイナーです。デザインは、パソコンでするのがふつうです。印刷物だけでなく、デジタル系のホームページなどをデザインする仕事も増えています。
 デザインに関する知識や技術はもちろん、基本的には、仕上がりは印刷物になるので、印刷についての深い理解が必要です。また、イラストレーターやフォトグラファー(写真家)、タイポグラファー(文字のデザイナー)と共同で仕事をすることも多く、ふつう、グラフィックデザイナーが、その共同制作者たちをまとめるアートディレクターの役割をすることになるので、リーダーシップも求められます。
 グラフィックデザイナーになるには、デザイン系の大学や専門学校でデザインの知識や技術の基礎を身につけ、印刷工程の基本を学んでから、デザイン会社や広告代理店、出版社などに行くのが一般的です。

グラフィックデザイナーにインタビュー
広告代理店にいて、主に、食品会社のポスターを担当しています。まず、食品会社の人から、どんなポスターにするか、イメージの希望をききます。写真を使うときは、撮影に立ち合うこともあります。イラストの場合、イラストレーターにたのみますが、予算の都合上、簡単なものならば、自分でかくこともあります。
 デザインはパソコンを使ってやりますが、画面での色、プリントアウトしたときの色と、できあがってくる印刷物の色は、少しちがってくるので、注意しなければいけません。印刷になるとこうなるとわかっていても、印刷の色校正の段階で、広告主の方と話して大きく直すことがあります。どうしても望んだ色にこだわるときは、印刷にふだんは使わないインクを追加することもあります。

DTPデザイナーのお仕事
パソコンソフトを使って印刷物の編集をすることをDTP(ディーティーピー)といいます。DTPデザイナーは、編集作業の中でもデザインを専門に担当する技術者です。
 書店で売られている本や雑誌をはじめ、チラシ、パンフレット、カタログなど、さまざまな印刷物の多くは、DTPで制作されています。したがって、DTPデザイナーが活躍する場は非常に多いといえます。
 DTPデザイナーになるには、専門学校などで印刷物の編集やデザインについての基礎知識、そしてDTPソフトの使い方などを学びましょう。CGや写真の勉強も役立ちます。
 就職先には、DTPシステムを利用している出版社、印刷会社、広告会社、印刷物の制作プロダクションや編集プロダクションなどがあります。就職後に実務経験を積んでから独立し、フリーのDTPデザイナーとして働く人もいます。

DTPデザイナーにインタビュー
フリーのDTPデザイナーをしています。雑誌の編集をしているプロダクションから、特集ページのデザインなどを受注することが多いです。ページの中にタイトルの文字や本文の文字をどのように配置するか、文字の大きさや色をどうするか、イラストや写真はどれくらいの大きさにするかといったことを決めて、DTPソフトでイメージを作っていきます。編集プロダクションからは、ページのふんい気をどのようにするかの指示や、この写真とイラストは必ず入れてほしいといった条件がつけられることもあります。できるかぎり、きれいで見やすくて、しかもデザイナーの個性が感じられるデザインをするように心がけています。仕事をはなれて雑誌を読むときも、誌面のデザインはとても気になりますね。