エディトリアルデザイナーになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

エディトリアルデザイナーになるには

紙面のレイアウトを的確に捉える鋭い感性

編集者やアートディレクターの指示を受けて、新聞、雑誌、書籍、各種印刷物の紙面をデザイン・構成し、最終的に美しく読みやすい形にまとめていくのがエディトリアルデザイナーの仕事です。タイトルや、小見出し、本文、写真、イラストなどの要素を、見た目の美しさだけでなく、読者にとって必要な情報が効果的に読み取りやすいかどうかも考慮しながら全体的にバランスよくレイアウトしていくことが求められます。デザイン能力だけでなく、出版物に関する幅広い知識や、印刷・製版関連の知識も必要とされます。 この仕事は、美術系の大学・短大や専門学校などでグラフィックデザインを学び、デザイン会社に勤務し、後に独立していくケースが一般的ですが、実戦的に編集関連の仕事に就きながら、その過程でエディトリアルデザイナーになっていく場合もあります。資質としては、デザイン面における感性や創造力はもちろん、時間に追われる仕事ですから、体力的には忍耐力、精神的には柔軟性も求められます。また、編集者の意図や依頼を受けた媒体の特性を的確に判断し、要望に応じる協調性や、読者層を想定して形づくっていく力量も現場では必要とされるでしょう。 また、最近ではDTP関連のソフトを使いこなすパソコンのスキルも必要といえます。

デザイン・写真・芸術・工芸系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

エディトリアルデザイナーになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

関連する動画

デザイン・写真・芸術・工芸系(デザイン関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)