帽子デザイナーになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

帽子デザイナーになるには

素材をセンス良く形づくる帽子づくりのエキスパート

子供から大人まで愛用され、近年は若年層の人気が高まっている帽子。その帽子のデザイン(形や色、素材を含め全体)をするのが、帽子デザイナーの仕事です。ファッションデザイナーと連携してトータルでデザインを請け負う人もいれば、帽子作家として、図案起こしから素材調達、製作まで全て手がける人もいます。素材の扱いや型起こしに熟練した技術と、デザイン力が問われる仕事です。 この仕事に就くために必要な資格は特にはありませんが、トレンドをふまえて、帽子のデザイン、企画、製作などを行なうスペシャリストですから、製帽または服飾の専門学校などで、技術や知識を学んでおくと良いでしょう。 卒業後の就職先としては、ファッションメーカー、ブティック、アトリエなどがあります。もちろん、実力次第では、独立することも可能です。中には、企業と契約し、活躍するフリーの帽子デザイナーも増えています。その帽子をかぶりたいと思わせるには、デザイン性の魅力はもちろん、かぶり心地のよさも重要です。そのためには、技術や知識、センスが求められます。さらに、オーダーメイドの場合は、お客様が何を求めているのかを理解するコミュニケーション能力も大切です。

デザイン・写真・芸術・工芸系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

帽子デザイナーになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

デザイン・写真・芸術・工芸系(デザイン関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)