カラーコーディネーターになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

カラーコーディネーターになるには

あらゆるカラー選びに知識と情報を提供

色の持つさまざまな効用が広く認められるようになり、注目を浴びているのが、「色彩」の部門を担う職業です。アパレル関連、化粧品関連、インテリア雑貨など、さまざまな品物において、色は重要視されています。その色を専門に扱うのがカラーコーディネーターです。さまざまな商品や広告に合った色、色が与える印象などを考慮したうえで、理想的な色を提案したり助言したりするほか、色やデザインを選ぶ仕事を行ないます。 専門学校や短大・大学などで基礎的な知識を身につけ「カラーコーディネーター検定」や「色彩検定」といった資格を取得しスキルを高めておくとよいでしょう。活躍の場としては、アパレルメーカーや企業の商品企画部門やデザイン事務所などが多く、ニーズの高まりから考えれば、将来的に楽しみな職業といえるでしょう。

デザイン・写真・芸術・工芸系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

カラーコーディネーターになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

関連する動画

デザイン・写真・芸術・工芸系(デザイン関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)