ディスプレイデザイナーになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

ディスプレイデザイナーになるには

デパートなどのショーウィンドウを魅力的に飾る

デパートやブティックのショーウィンドウを飾ることをはじめ、ショップ内のデコレーションなどで人々の興味を引いたり、テーマパークや展示場で多くの人々を集める斬新なデザインの飾りつけを行うのが、ディスプレイデザイナーです。ディスプレイデザイナーは、一般的に展示専門会社やデザイン会社に勤務しますが、フリーランスで働く人もいます。ディスプレイの仕事の流れは、まずクライアント(発注者)との打ち合わせから始まります。クライアントの意向を受けてデザイン構想を練り、ラフスケッチを描いたり模型を造ったりして、デザインを具体的な形にしていきます。ここでポイントとなるのが、クライアントの目的や予算に従いながら、いかに自分自身のアイデアやオリジナルデザインを表現できるか、ということです。そしてデザイン構想が固まったら、パースと呼ばれる完成予想図を作り、クライアントへのプレゼンテーションを経て了承されれば、デザイン全体を数多くの平面や立体の図面に分割して制作します。これらの図面によって、施工の専門業者がディスプレイの工事を行います。ディスプレイデザイナーは工事の進行管理に指示を出すことも多く、一般的には営業時間が終わってからの時間帯に仕事をしています。また、そのお店の顔となる重要なデザインを行うわけですから、その効果によって「どのくらい人を集めたか」などが問われる、厳しい側面を持った仕事でもあります。

デザイン・写真・芸術・工芸系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

ディスプレイデザイナーになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

デザイン・写真・芸術・工芸系(デザイン関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)