アクセサリーデザイナーになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

アクセサリーデザイナーになるには

宝石や貴金属でアクセサリーをデザインする

アクセサリーデザイナーとは宝石や貴金属を使い指輪やイヤリング、ブローチなど様々なアクセサリーをデザインする人のことです。 アクセサリーデザイナーは主に「デザインをする人」と「デザインから製作までをする人」に分かれており、その立場もアクセサリーを製造販売する企業で働く「企業内デザイナー」と、デザイン事務所に所属または個人で仕事をする「フリーデザイナー」に分けられます。企業内デザイナーは、会社の立てた企画に沿って新製品のデザインを担当しますが、その際にデザイナーはあらゆる情報源を利用して、流行や消費者の好みの変化を調査・予測しながらデザインの方向性を考えます。アクセサリーに使われる宝石や貴金属は高価な素材であるため、コストを考えてデザインすることが必要とされ、多くのデザイン画を描きおこします。フリーデザイナーは、アクセサリー会社や宝飾店などからの依頼を受けて、独自の感性を生かした特色ある製品をデザインし、製作までを行う人もいます。ですから、フリーデザイナーには人を引きつける優れたデザイン能力も求められます。また展示会などで自作のアクセサリーを発表し、評価を得て、企業にその能力をアピールする努力も必要となってきます。そして最も大切なことは、身につける側のニーズを的確に反映させたアクセサリーデザインができることです。

デザイン・写真・芸術・工芸系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

アクセサリーデザイナーになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

関連する動画

デザイン・写真・芸術・工芸系(デザイン関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)