OAインストラクターになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

OAインストラクターになるには

OA機器の操作指導者

パソコンやワープロなどのOA機器の使用方法を説明する仕事です。例えばパソコンなどのOA機器のショールームや展示会場などで、機器類の操作を実演し、お客様の質問に的確にわかりやすく答えたり、ユーザーの自宅や企業へ直接出向いて指導を行ったり、講習会で講師役を務めたりすることで、購入意欲を高めるよう営業をサポートすることもあります。また、パソコン教室で教えたり、企業で導入した新しいソフトの操作指導なども行います。 OAインストラクターとして活躍するためには、専門学校などでパソコンや機器類、営業に関する基礎的知識を身につけ、ITパスポート試験や日商PC検定試験などの資格を取得しておくと良いでしょう。 卒業後は、パソコンスクールやOA機器関連会社、パソコン会社などに就職するか、人材派遣会社に就職して企業やショールーム、OA機器の展示会場などに派遣スタッフとして勤務します。熟練のOAインストラクターになるには、経験を積み、常に新しいハードウェアやソフトウェアの知識を吸収していくことが大事です。

コンピュータ・ゲーム系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

OAインストラクターになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

コンピュータ・ゲーム系(OA関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)