資格カタログ

情報検定(J検)

  • 受験情報を見る
  • 問い合わせを見る

実社会で役立つIT技術が身に付く

 情報検定(J検)は、情報を扱う人にとって必要なICT(情報通信技術)能力を客観的な基準で評価する文部科学省後援の検定試験です。情報を「創る」「使う」「伝える」の3つの観点で評価するために、3種類の試験が行われています。それぞれの方向性にあわせて試験を選択し、受験したい分野のみを受験することができます。
 情報を「創る」能力を評価するのが「情報システム試験」です。ソフトウェア開発・プログラマ・システム開発技術者を目指す人を対象としています。試験には「基本スキル」「プログラミングスキル」「システムデザインスキル」の3科目があり、興味がある科目のみを受験できます。「基本スキル」と「システムデザインスキル」に合格すると「システムエンジニア認定」が与えられ、「基本スキル」と「プログラミングスキル」に合格すると「プログラマ認定」が与えられます。
 情報を「使う」能力を評価するのが「情報活用試験」です。情報化社会の基礎知識やパソコン利用能力を試したい人を対象としています。試験は「3級」「2級」「1級」の3段階に分かれており、中高生~社会人までそれぞれのレベルでチャレンジできます。
 情報を「伝える」能力を評価するのが「情報デザイン試験」で、情報伝達にコンピュータを使う人・コンピュータを使った自己表現に興味がある人・情報発信スキルを磨きたい人を対象としています。試験は「初級」「上級」に分かれています。情報収集をはじめ、分析力・表現力・説得力などのコミュニケーションスキル「情報デザイン」に対し評価します。

活躍の場

IT業界のみでなくコンピュータを使用する全ての業界

受験情報

受験資格 受験資格の制限は特にありません。
受験科目 【情報システム試験】基本スキル:プロジェクトマネジメント、情報表現、データ構造・集合と論理、CPU・アーキテクチャ・補助記憶装置、システム構成・ソフトウェア/プログラミングスキル:データ構造とアルゴリズム、類似言語、プログラミング技術または表計算ソフトを利用した問題解決/システムデザインスキル:経営戦略とシステム戦略、システムの開発、ネットワーク技術、データベース技術、セキュリティと標準化
【情報活用試験】3級:情報表現と処理手順、パソコンの基礎、インターネットの基礎・利用、情報機器の基本操作、情報社会とコンピュータ、情報モラル/2級:経営戦略とシステム戦略、プロジェクトマネジメント、データ構造と情報表現、問題解決処理手順、パソコンの基礎、インターネットの基礎、アプリケーションソフトの利用と活用/1級:情報と情報の利用、パソコンを利用したシステム、ネットワークの利用、情報ネットワーク社会への対応、情報セキュリティ、表計算ソフト等を利用した問題解決
【情報デザイン試験】初級・上級:情報デザインの考え方、情報の収集と整理、問題解決と発想、情報の構造化と表現、情報の伝達と評価
受験料 【情報システム試験】基本スキル:3,500円、プログラミングスキル・システムデザインスキル:3,000円
【情報活用試験】3級:3,000円、2級:4,000円、1級:4,500円
【情報デザイン試験】初級:4,000円、上級:4,500円  ※記載の金額は全て税込価格です
申込方法 インターネット
試験方法・取得方法 【情報システム試験】合格点:100点満点中65点
【情報活用試験】3級合格点:100点満点中70点、2級・1級合格点:100点満点中65点
【情報デザイン試験】合格点:100点満点中60点

問い合わせ

情報検定(J検)
(公的資格)
一般財団法人 職業教育・キャリア教育財団 検定試験センター
東京都千代田区九段北4-2-25 私学会館別館11階
03-5275-6336
http://jken.sgec.or.jp/index.html

※上記の資格情報は2018年4月段階の情報です。詳しくは各主催団体にお問い合わせください。

コンピュータ・ゲーム系の資格

資格カタログ 「情報検定(J検)」の紹介
資格カタログでは「情報検定(J検)」の、受験情報や問い合わせ先などを紹介しています。資格の取得を目指すには、まず情報を集めることから始まります。資格カタログを確認し、「情報検定(J検)」に関する理解を深めましょう。また、日本の学校では目指す資格から専門学校や大学・短期大学を探すことができますので、気になる学校には資料を請求して、資格取得に向けた支援の内容など詳細な情報を集めましょう。
日本の学校は「情報検定(J検)」の資格取得を目指す皆さんを応援します。

ページの先頭へ