資格カタログ

パソコン技能検定 II 種試験

  • 受験情報を見る
  • 問い合わせを見る

パソコン活用の総合力の検定試験

 パソコン技能検定II種試験は、総合的なパソコン活用能力を証明します。通常、パソコンを使用する時に、文書作成をしたり、表計算をしたり、インターネットにつなげたり、誰もがいろいろな使い方をします。いろいろな使い方をするものですので、総合的に全ての活用能力を同時に検定しようというのがこの試験です。仕事やパソコンを使用する能力の判定基準として、企業にも認知されている試験でもあります。パソコンを使用する全ての人にとって、実力を知る有効な試験だと言えるでしょう。

 試験は「3級」「2級」「1級」の3つのレベルで実技試験が行われます。内容は、文書処理、表計算・データベース、グラフの作成です。例えば「3級」では、簡単な図表を含んだ文書作成やデータ集計、グラフ作成などが課せられます。文書作成からデータベース機能の活用等、幅広いパソコン活用の知識が必要です。

活躍の場

一般企業など幅広い

受験情報

受験資格 学歴・年齢等に制限なし
受験科目 文書処理、表計算・データベース、グラフ
受験料 1級7,000円(税抜)、2級5,000円(税抜)、3級4,000円(税抜)
申込方法 主催団体の認定会場での受験申し込み
試験方法・取得方法 実技試験(情報協検定試験プログラムでの実施)

問い合わせ

パソコン技能検定II 種試験
(民間資格)
財団法人 全日本情報学習振興協会
東京都千代田区三崎町3-7-12 清話会ビル5F
03-5276-0030
http://www.joho-gakushu.or.jp/

※上記の資格情報は2018年4月段階の情報です。詳しくは各主催団体にお問い合わせください。

コンピュータ・ゲーム系の資格

資格カタログ 「パソコン技能検定 II 種試験」の紹介
資格カタログでは「パソコン技能検定 II 種試験」の、受験情報や問い合わせ先などを紹介しています。資格の取得を目指すには、まず情報を集めることから始まります。資格カタログを確認し、「パソコン技能検定 II 種試験」に関する理解を深めましょう。また、日本の学校では目指す資格から専門学校や大学・短期大学を探すことができますので、気になる学校には資料を請求して、資格取得に向けた支援の内容など詳細な情報を集めましょう。
日本の学校は「パソコン技能検定 II 種試験」の資格取得を目指す皆さんを応援します。

ページの先頭へ