レコーディングエンジニアになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

レコーディングエンジニアになるには

「いい音」をCDにする

コンサートやレコーディングスタジオで音量・音質を調整する音響エンジニアの中でも、CD(コンパクトディスク)制作を担当する専門家がレコーディングエンジニアです。CD制作のときの音のミキシングをすべて担当します。 レコーディングエンジニアになるには、音に関する感性が不可欠です。そして、音響機器の操作技術、コンピュータによるデジタル処理の知識・技術も重要です。これらの知識や技術は、専門学校等で勉強できます。中には本格的なレコーディング設備をそろえた学校もあり、現場さながらの雰囲気を体感できます。また、この職種は紹介による形が多いので、専門学校の先生や先輩の推薦などで、レコード制作会社やレコーディングスタジオ、放送局などに技術職として就職するのが確実なケースのようです。主に、録音スタジオ所属と、レコード会社所属に分かれます。中でもレコード会社は、安定した収入を見込めますが、募集をしない年もあるので狭き門といえます。 レコーディングエンジニアになるために必要な資格はありません。現場で経験とキャリアを積んでいきます。技術とともに、アーティストが演奏しやすい環境作りにも気配りしましょう。腕が良いと、ほかの会社から実力を認められスカウトされることもあります。技術職なので、実力次第では年齢にかかわらず、かなりの高収入を得ることも可能です。

音楽・イベント系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

レコーディングエンジニアになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

音楽・イベント系(音楽関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)