ニュースキャスターになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

ニュースキャスターになるには

報道番組の“顔”

報道番組の司会者をニュースキャスターといい、ほとんどの場合、アナウンサーが務めます。番組の中で占める役割が大きく、看板番組の場合、放送局の「顔」ともなります。ニュースキャスターには、正確な発声、発音はもちろんですが、幅広い知識、的確な応対、臨機応変に対応できる力などが求められます。ニュースキャスターは、単にニュースを伝えるだけではなく、客観的に解説し評論する役目も担っているのです。海外取材もありますから、語学力も必要です。 専門学校などのキャスター養成コースなどで、アナウンスの基礎理論を学ぶとよいでしょう。また、日頃から世の中の動きを把握しておきましょう。将来は、テレビ局や放送局に就職し活躍します。

マスコミ・芸能・声優系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

ニュースキャスターになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

関連する動画

マスコミ・芸能・声優系(マスコミ関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)