番組コーディネーターになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

番組コーディネーターになるには

テレビ番組制作を支える

番組コーディネーターの仕事は、番組制作に必要なものを準備することです。その仕事の大半は、撮影場所や取材対象の選択、現地スタッフや機材の手配、撮影許可の取得などです。緻密さと精細なリサーチ力、アレンジ力が求められます。ドラマ、ドキュメンタリー、報道番組など番組の性質により内容は若干異なりますが、基本は、ロケハンから撮影終了まで、いかに効率よく、しかもスムーズに撮影できるように準備を整えるかにあります。そのため、取材や撮影先が決まれば現地に出向いて下見をし、きめ細かな行程を組みます。受け入れ先に撮影目的を説明し、協力を得ることも大事です。また、現地の風土や歴史、文化、生活習慣なども把握しておかなければなりません。海外の場合は、語学力があると有利です。ただし、最近は海外ロケの際は現地コーディネーターに依頼することも多いようです。番組コーディネーターになるには、まず、テレビ局や番組制作会社への就職を目指すとよいでしょう。旅行会社も選択肢の一つです。

マスコミ・芸能・声優系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

番組コーディネーターになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する動画

マスコミ・芸能・声優系(マスコミ関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)