スポーツカメラマンになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

スポーツカメラマンになるには

一瞬の場面を切り取り、感動や喜びを伝える

野球やサッカー、モーターレースなど熱戦が繰り広げられるスポーツ。動きが激しいシーンの中で、「ここぞ」という瞬間をとらえるのがスポーツカメラマンです。スポーツ写真に求められるのは、競技や試合の臨場感を視覚面から伝えること。そのためには、カメラに関する知識や撮影技術が必要です。それに加えて、一瞬のシャッターチャンスを逃さないためには、競技のルールや選手それぞれの特徴を把握しておかなければなりません。次に何が起こるかを、ある程度予測できることにより、決定的なシーンを確実に撮ることもできるのです。 スポーツカメラマンを目指すなら専門学校などで、カメラのメカニズムや撮影技術などを習得するとよいでしょう。将来は、出版プロダクションや、新聞社、通信社などに就職したり、フリーとして活躍するなどの道があります。

マスコミ・芸能・声優系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

スポーツカメラマンになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

マスコミ・芸能・声優系(マスコミ関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)