新聞記者になるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

新聞記者になるには

ペンは剣より強し。頭と身体をフル回転

新聞社に勤務し、記事を書くのが仕事です。事件や事実を取材し、わかりやすく原稿にまとめます。また、取材だけでなく、書かれた記事の文章チェックや原稿の整理なども行います。さらに、事件や社会現象に対して、新聞社としての意見や論説も書きます。記事は基本的に一人で書きますが、チームやグループで取材をしてそれぞれの文章を記事にまとめることもあります。いずれにしても新聞記者には、事実を的確に伝えられる高い文章力と理解力、幅広い知識や行動力が必要です。 新聞記者になるには、専門学校や大学・短大で学習して、これらの能力をしっかりと身につけておきましょう。また、社会で起こるさまざまな問題に広く興味を持つように心がけましょう。新聞記者の人気は高く、特に全国紙を扱う大手新聞社はかなりの競争率になります。 新聞社といっても、全国紙から地方紙まで、そして特定の分野に特化したものから一般紙まで、それぞれ特色があります。全国紙の場合、まず地方局などで取材活動を経験し、実力をつけたあと、経済部や社会部、学芸部などに配属されるケースが多いようです。また、深夜や早朝に取材活動をすることがありますので、他の仕事と同様、体力維持と健康管理が重要です。 インターネットが普及した現在も新聞が世の中に向けて情報を発信する役割は大きく、今後も新聞記者の活躍には期待が寄せられます。

マスコミ・芸能・声優系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

新聞記者になれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

関連する動画

マスコミ・芸能・声優系(マスコミ関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)