報道カメラマンになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

報道カメラマンになるには

様々なニュースを映像で人に伝える

世界中で起こる事件や事故、様々な出来事を、いち早く現場へ直行して映像におさめ、映像を通してニュースを伝えるのが報道カメラマンの仕事です。新聞・出版社などで働くほか、フリーで独自に取材・撮影するケースもあります。事件や事故は昼夜を問わず突然起こります。新鮮な情報をいち早く伝えることが大切なので、常に取材できる準備を整えて素早くこなしていきます。映画やドラマと違ってニュースは撮り直しができません。報道カメラマンは何がニュースになるのかを瞬時に判断し、その場面を撮り逃さないように素早く対応することが大切です。現場のリアルな映像で私たちに真実を伝えてくれる報道カメラマンは、報道の第一線で働くやりがいのある仕事です。

マスコミ・芸能・声優系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

報道カメラマンになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する動画

マスコミ・芸能・声優系(マスコミ関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)