OAオペレータになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

OAオペレータになるには

OA機器操作の専門家

OAオペレータは、主にパソコンやワープロ・表計算ソフトなどを駆使して、オフィスの事務業務を効率的かつスピーディーに処理する仕事です。文書の入力から編集、校正までの文書作成やデータ入力などの業務を担当します。オフィスにパソコンなどの新たなOA機器を導入する際には、操作する側からの注文や提案なども求められます。オフィスに欠かすことの出来ない職業といえるでしょう。 コンピュータ系やビジネス系の専門学校などでパソコンやワープロ・表計算ソフトなどの操作技術を勉強することで知識の習得・能力の向上を目指しましょう。 卒業後は、企業に就職するか、人材派遣会社に就職して企業や官公庁に派遣社員として勤務します。熟練のOAオペレータになるには、経験に裏打ちされた確かな技術が必要です。そして、パソコンを活用する技術の向上だけでなく、現場の業務を勉強し仕事のレベルアップをすることで、依頼される仕事もより高度なものになり周りからも信頼されるようになります。経験を積み技術を磨いていくことが大切といえるでしょう。

コンピュータ・ゲーム系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

OAオペレータになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

コンピュータ・ゲーム系(OA関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)