ミキサーになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

ミキサーになるには

センスひとつで、楽曲の運命が決まる

ミキサーは、さまざまな音色、音量を組み合わせる専門家のことです。映画やテレビなどで、出演者の声や効果音などを的確にシンクロさせるミキサーと、レコーディングミキサーに区分されています。レコーディングミキサーは、ハイテク機器を駆使して、よりイメージにあった音を作り出していきます。レコーディングの際に、ボーカルや楽器などのバランスをよく考えて、音量や音色をブレンドします。繊細でシビアな感性とともに、ハイテク機器を自在に操れる技術力が求められます。将来は、レコード会社や放送局などに就職し、コンサート会場やスタジオで活躍ができます。

音楽・イベント系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

ミキサーになれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

関連する動画

音楽・イベント系(音楽関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)