きんじょうがくいん

金城学院大学

(私立大学/愛知県名古屋市守山区)

資料請求

生活環境学部 環境デザイン学科

ファッションや空間デザインの分野で、人にも環境にも配慮したものづくりを提案できる人を育てます。

  • ※2018年4月入学者対象のものです。
環境デザイン学科
この学部・学科の資料をもらう
 
 
環境デザイン学科の特長
学べる内容

アパレル・ファッションコースと空間デザインコースの2コース制。4年間さまざまなものづくりに打ち込みます。ファッションショーや発表会、コンクールなど、作品発表の機会も豊富です。アパレル業界やインテリア業界、住宅・建築業界をめざすことができます。

■デザイン基礎実習 (1年次開講)
デザインとは何でしょうか。家具や服だけでなく、映像や音など実体のないものにも「デザイン」という人間の意図は働いています。授業では、植物をモチーフにした平面デザインから自分でつくった陶器への絵付けまで、一連のものづくり作業を実際に体験して、デザインの意味を考えます。また、歴史的デザイナーたちの思考とその背景も探ります。

■ファッション造形実習 (1~3年次開講)
衣服製作の楽しさを実感しながら、デザイン・パターン作成・素材選択・縫製などの知識と技術をしっかり身につけます。基本のブラウスやスカートからジャケット、ワンピースまで、また衣服だけでなく帽子づくりにも取り組むなど、さまざまなファッションアイテムを製作します。

■インクルーシブデザイン
インクルーシブデザインとは、商品などの企画に、高齢者や障がい者などこれまでメインターゲットから外れていた人々(リードユーザー)に参加してもらうデザイン手法のことです。健常者では気づかない不自由さ、あるいは文化が違う外国人や子ども連れのお母さんだからこそ抱く疑問など、さまざまな人の視点を商品やサービスの開発、建築やまちづくりに生かしていくことが目的です。多様性が重視される社会に不可欠なものづくりの考え方といえます。本学科では、このようなインクルーシブデザインの理論と実践を、ものづくりの基本姿勢として身につけていくことを目標としています。
※インクルーシブ=包括的な

■環境デザイン特別研修・環境デザイン学外研修
本学科では、夏季または春季休暇に欧米でのデザイン研修プログラムを実施しています。研修先では近現代の名建築や個性的な都市を体感し、一般家庭のインテリア見学や海外で活躍するデザイナーの講座も開催します。2016年度は、オランダとデンマークで実施。オランダのアムステルダムでは、日本では見られないデザインで建てられた集合住宅や公立図書館を見学し、運河沿いに立ち並ぶ建築群の美しさや街中にあふれる美しい景色を堪能。デンマークのコペンハーゲンでは、家具メーカーのフリッツ・ハンセン社の本社見学とアルネ・ヤコブセンが設計した建築の視察をしました。国内では犬山市のリトルワールド、名古屋の徳川園・徳川美術館、名古屋城を見学し、また京都では京友禅の型染め、製織、染色の見学や実習を行いました。学生たちは、研修を通して大きな刺激を受け、学習意欲をさらに高めました。

取得資格

【2コース共通】
●高等学校教諭1種免許状(家庭) ●中学校教諭1種免許状(家庭) ◎アメニティスペシャリスト ○色彩検定

【アパレル・ファッションコース】
●衣料管理士2級 ○繊維製品品質管理士(TES)

【空間デザインコース】
◎一級建築士(実務経験2年が必要) ◎二級建築士(実務経験不要) ◎木造建築士 ◎インテリアプランナー ◎商業施設士 ○インテリアコーディネーター ○インテリア設計士2級 ○リビングスタイリスト ○福祉住環境コーディネーター

●取得できる資格  ○取得を応援する資格 ◎受験・申請・基礎資格が得られる資格

2019年度以降の教職課程は認定申請予定。ただし、文部科学省の審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

卒業後の進路

■アパレル業界の企画、デザイン、営業、販売
■テキスタイル業界の企画、設計、営業
■品質検査機関の繊維製品に関する品質検査
■住宅・建設業界の設計、施工、営業、開発や不動産業界
■インテリア業界のインテリア計画、デザイン、コーディネートや店舗設計
■住宅設備・家具・建材業界の企画、営業、販売
■地方自治体の住宅、まちづくり、環境保全分野
■NPOのまちづくり支援・環境教育分野 など

カリキュラム

■「アパレル・ファッションコース」衣服の基礎からファッションビジネスまでを学ぶ
美しさとやさしさを兼ねそなえた衣服をテーマに、素材、デザイン、着心地、衣服管理(洗濯)、ファッションビジネスの5つの領域を学びます。それぞれの領域の理論を学んだうえで、関連する実験を通して理解を深め、さらにデザイン画やパターン、衣服の製作実習に取り組みます。ファッションビジネスにおいては、調査手法や商品企画、アパレル生産システムなどについて学びます。幅広い知識と技術を身につけ、アパレル業界のどのような分野でも活躍できる実践力を養います。

■「空間デザインコース」インテリアから公共施設までさまざまな空間づくりを学ぶ
1年次に空間デザインに関する基礎知識を学んだあと、2年次に「住居空間」「建築空間」「インテリア・商業空間」の3グループのいずれかを選択して、各領域の学びを深めていきます。工学系の知識・技術はもちろん、生活者の視点からも空間づくりを考え、人にも自然にもやさしい空間デザインを追究します。環境実験や設計実習、インテリアコーディネート実習、建築模型づくりに取り組み、実践的なスキルを身につけます。空間デザインコースでは、どのグループでも二級建築士の受験資格を取得でき、さらに必要単位を修得すれば、一級建築士(※)の受験資格を取得することもできます。
(※)一級建築士の受験には、卒業後の実務経験が2年必要です。

 
インタビュー
朴 相俊 准教授

先生 朴 相俊 准教授(専門:建築構造・材料学)

学生一人ひとりの能力を注意深く見て、声をかけたり、ほめたりして能力を引き出すようにしています。それぞれの専攻分野の中でおもしろい部分をたくさん見つけ、楽しく取り組んでほしいと思います。成長を感じるのは、主体的に実験計画を考えて進めるときや、見学会で積極的に質問する姿を見たときです。

伊藤 海織 講師

先生 伊藤 海織 講師(専門:被服構成学)

授業では、それまでに学生が身につけた知識と関連させたり、異なる内容にも共通する考え方があることを伝えるようにしています。学生には新しいことも積極的に学んでほしいですね。ゼミのディスカッションで、私が指摘しようとしたことを学生同士で指摘し合っているときがあり、成長したなと感じます。

石田 瑞季さん

卒業生 石田 瑞季さん(クロスプラス株式会社勤務 2017年3月卒業 三重県 桑名高校出身)

ニーズは何かを常に考え、量販店のファッションの企画、提案をしています。

授業の課題で「ファーコンテスト」に応募し、2,300点という応募作品の中から、グランプリ候補の20作品のひとつに選ばれました。毛皮メーカーの協力で実際の服に仕立てていただき、ファッションショーで披露することができました。この経験で、自分の好きなものだけを作るおもしろさから、他者のニーズを取り入れ企画することのおもしろさへと興味の視点が変わっていきました。大学は、デザインだけでなく、素材特性や市場の流れ、製造工程などについても深く学ぶことができます。その経験が量販店の売り場に並ぶファッションを企画、提案する今の仕事に通じています。

 

金城学院大学の所在地/問い合わせ先

所在地
〒463-8521 愛知県名古屋市守山区大森2-1723

TEL.0120-331791  (入試相談フリーダイヤル) 

ホームページ http://www.kinjo-gakuin.net/
E-mail nyushi@kinjo-u.ac.jp
ページの先頭へ

金城学院大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内
※資料・送料とも無料

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで金城学院大学の情報をチェック!