言語聴覚士になるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

言語聴覚士になるには

言語・聴覚機能を向上・回復させる専門家

 言語聴覚士は「、話す」「聞く」「食べる」ことに関するリハビリのスペシャリストです。ことばによるコミュニケーションに問題がある方の状態を把握し、必要に応じて訓練、指導、助言を行い「自分らしい」生活ができるよう支援します。  言語聴覚士になるには、言語聴覚士を養成する学校で3年以上学び、国家試験に合格する必要があります。活躍の場は、病院やリハビリセンター、介護老人保健施設などが中心です。

医療・看護・医療事務系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

言語聴覚士になれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

関連する動画

医療・看護・医療事務系(医療関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)