オプティシャン・オプトメトリストになるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

医療・看護・医療事務系

医療・看護・医療事務系の職業

オプティシャン・オプトメトリストになるには

目を酷使する現代社会の救世主

眼鏡やコンタクトレンズを必要とする人の視力を測定し、視力や目の状態にあったレンズを選定。よりよいものを薦めるのがオプティシャン(眼鏡技術者)の主な仕事です。欧米などでは、検眼や視力・視覚機能の専門資格として制度化。斜視、弱視などの視覚機能障害の検査や処方なども行っています。現在、オプティシャンは眼鏡店をはじめ、眼科医院やコンタクトレンズクリニックなどで活躍。単に測定をし、商品を薦めるだけではなく、眼鏡やコンタクトレンズを扱う際の注意点はもちろん、視力維持のために、生活態度の改善などのアドバイスも行っています。 この仕事に就くためには、目に関する知識はもちろんですが、さまざまな医学的知識も必要です。3年制以上の眼鏡学校で学んだ後、卒業時に学校で行われるSS級認定試験に合格すると、(公社)日本眼鏡技術者協会が認定する「認定眼鏡士」の資格を取得することができます。この資格を取得しておくと就職時に有利です。 目を酷使する現代社会のなかで、眼鏡やコンタクトレンズを必要とする人は急増しています。今後ますますの増加が予想されるなか、合わない眼鏡やコンタクトレンズに悩まされている人が多いのも現状です。これからの時代、オプティシャンはさらなる活躍が期待される職業だといえます。

関連する資格

  • JS日本の学校「資格カタログ」より
        

オプティシャン・オプトメトリストになれる学校を探してみよう

医療・看護・医療事務系(医療関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

オプティシャン・オプトメトリストが目指せる学校の一覧

東京眼鏡専門学校 (私立専門学校/東京都)

メガネの専門学校/学校法人 東京眼鏡学園

資料請求 オープンキャンパス

パンフレットが欲しい学校にをして
←このボタンをクリック!

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)
ページの先頭へ