登録販売者になるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

登録販売者になるには

私たちの健康を支えてくれる薬の専門家

軽い風邪(かぜ)やすり傷、ちょっとお腹の具合がよくないなどという時、医師にかからずに近所の薬店で薬を買う場合があります。 しかし、薬は人の命にかかわる商品ですから、だれでも売っていいとはかぎりません。私たちが、医師の処方箋なしに購入できる一般的な薬の多くを販売することができる人を登録販売者といいます。 お客様が、薬を安全に使用できるように、正しい使用方法や用量などの情報をきちんと伝え、お客様の症状にあわせて薬を販売します。お客様から信頼され頼りにしてもらえた時や、元気になったお客様の姿を見た時、また「ありがとう」と感謝の言葉をもらえた時、深い喜びとやりがいが得られるでしょう。 登録販売者になるには、各都道府県で実施されている試験に合格する必要があります。 薬を通じて私たちの健康を支えてくれる登録販売者は、とても頼りがいのある存在です。それだけに責任重大な仕事ですが、とてもやりがいのある仕事だといえるでしょう。

医療・看護・医療事務系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

登録販売者になれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

関連する動画

医療・看護・医療事務系(医療関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)