理学療法士になるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

理学療法士になるには

運動を主体とした治療でリハビリをサポート

 理学療法士は、ケガや病気をした後に、自立した日常生活を送れるようにするリハビリのスペシャリストです。寝返る、起き上がる、立ち上がる、歩くなど日常生活に必要な動作の維持・改善のために運動をメインとした治療を行います。理学療法士になるには、理学療法士を養成する学校で3年以上学び、国家試験に合格する必要があります。活躍の場は、病院やリハビリセンター、介護保健関連施設などが中心です。

医療・看護・医療事務系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

理学療法士になれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

関連する動画

医療・看護・医療事務系(医療関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)