検索する
メイン写真

2016年創立75周年を迎えます。「個性値」を伸ばす大学。

亜細亜大学の3つの特長

3つの特長1

目的に応じたさまざまな留学プログラムを用意

3つの特長2

14カ国語の外国語授業を開講

3つの特長3

安心して学生生活をスタートするための新入生研修:出会いの広場

アジア夢カレッジ(キャリア開発中国プログラム)では5ヶ月間の中国留学、現地インターンシップ等を経験。また、アメリカへ5ヶ月間留学するAUAP(亜細亜大学アメリカプログラム)や世界14カ国(*2015年度実績)に短期留学するAUGP(亜細亜大学グローバルプログラム)、1年間留学のAUEP(交換・派遣留学生制度)等を用意。

亜細亜大学のとっておきニュース

「都市創造学部」2016年4月開設

とっておきニュース

未来の豊かな都市を創造するための方法を考え、実践できる人材を育成します。都市コンテンツ履修コースでは、都市に活気と価値を作り出す多様なイベントやコンテンツを発掘し、それをアジアや世界に広められるプロデュース力を身につけます。都市デザイン履修コースでは、環境、医療・福祉、交通渋滞など都市が抱える問題に対して解決策を提示し、未来の都市づくりができるデザイン力を身につけます。2年次には、アジア(中国、韓国、タイ、ベトナム、インドネシア)やアメリカへの半年間の留学とインターンシップを全員が経験します。

亜細亜大学の 学科・コース

「個性値」を伸ばす大学

経営学部(4年)
経営学科(4年)
ホスピタリティ・マネジメント学科(4年)
経済学部(4年)
経済学科(4年)
法学部(4年)
法律学科(4年)
国際関係学部(4年)
国際関係学科(4年)
多文化コミュニケーション学科(4年)
都市創造学部[2016年4月開設](4年)
都市創造学科(4年)

上記は、2017年4月入学者対象のものです。

亜細亜大学の 学費のこと

■2016年初年度納入金(参考)
経営学部 119万8000円
経済学部 120万9000円
法学部 122万1000円
国際関係学部 131万1500円
都市創造学部 130万1000円

亜細亜大学の 学ぶこと

■経営学部経営学科
一人ひとりの関心や将来の目標に応じたカリキュラム編成で「自学力」と「実践力」をモットーに、激動の時代を生き抜くビジネスパーソンを育成。ビジネスの最前線で組織のトップとして活躍する著名人を招き、各業界の動向や経営の知識を知る「トップマネジメント特別講座」や文部科学省「平成22年大学生の就業力育成支援事業」に選定された「インタビュー実践!」によりキャリア教育にも力を入れる。
■経営学部ホスピタリティ・マネジメント学科
2016年度「スポーツ・ホスピタリティ」のコースをスタート。[ホテル&ブライダル」「フードサービス」「パッセンジャーサービス」「トラベル」の5コースについて、経営学の知識や、理論と実務を融合した教育を展開し、ホスピタリティ産業をリードする人材を育成。
■経済学部経済学科
2016年度より、経済学の基礎から応用まで幅広く学び、経済を深く理解できる社会人をめざす「現代経済コース」と、1年次からコースの基礎科目を学び、経済と会計ができるビジネスパーソンをめざす「税務・会計インテンシブコース」の2コース制となり、会計・税務・金融の専門家、公務員、グローバル社会で活躍するなど、将来の進路にあわせた幅広い科目選択が可能になる。
■法学部法律学科
法律学の専門知識を修めた法曹、公務員、企業人を育成。将来の志望にあわせた4コース制で、効率よく深く学ぶ。資格取得も授業と連携をはかり「公務員試験合格」をめざした科目等も設置。
■国際関係学部国際関係学科
本学の国際性をリードする国際関係学科。TOEIC(R)スコア600点以上の取得をめざし、3コース制で留学やビジネスシーンで役立つ英語力を習得。2年次には5か月のアメリカ留学が必修。
■国際関係学部多文化コミュニケーション学科
国境を越えて交流する人々と文化について学ぶ学科。英語をベースとし(TOEIC(R)スコア600点以上を目標)、韓国語、中国語、インドネシア語、ヒンディー語、アラビア語、スペイン語から1言語を選択し習得をめざす。また、文化人類学、社会学を柱とした幅広い教養に触れながら、フィールドワークも展開。
■都市創造学部都市創造学科
「都市コンテンツ履修コース」と「都市デザイン履修コース」の2コースで、人々と企業・行政・地域を結び、より豊かな都市を創造していくための力を習得。2年次後期には、アジアやアメリカ等の協定大学へ半年間の留学とインターンシップを全員が経験する。

亜細亜大学の所在地/問い合わせ先

所在地
〒180-8629 東京都武蔵野市境5-24-10

TEL.0422-36-3273  (入試課直通)  FAX.0422-36-1890 

ホームページ http://www.asia-u.ac.jp/admissions/
E-mail nyushi@asia-u.ac.jp
ページの先頭へ

亜細亜大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内
※資料・送料とも無料

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで亜細亜大学の情報をチェック!