防衛大学校 - 学校案内や願書など資料請求[JS日本の学校]
  • 防衛大学校
  • 防衛大学校
  • 防衛大学校
  • 防衛大学校

ぼうえいだいがっこう

防衛大学校

(文部科学省以外の省庁所管の学校/神奈川県横須賀市) >>お気に入りに追加する

幹部自衛官を育成する日本で唯一の大学教育機関!

防衛大学校の 学部・学科・コース

教育は文科省の定める大学設置基準に準拠。独自の『防衛学』も

人文・社会科学専攻(4年)

人間文化学科

公共政策学科

国際関係学科

理工学専攻(4年)

応用物理学科

応用化学科

地球海洋学科

電気電子工学科

通信工学科

情報工学科

機能材料工学科

機械工学科

機械システム工学科

航空宇宙工学科

建設環境工学科

上記は、2023年4月入学者対象のものです。

防衛大学校のオープンキャンパス

防衛大学校の就職・資格

就職
幹部候補生から幹部自衛官へ

防衛大学校の学費のこと

■授業料は免除です
・本学生の身分は、防衛省職員(特別国家公務員)です。授業料免除の他、全員学生舎に居住し、被服、寝具、食事などが貸与または支給されます。

■初年度納入金:0円(2022年度実績)
※毎月、学生手当117,000円のほか、年2回(6月・12月)期末手当を年397,800円支給(*2022年度実績)

防衛大学校の学ぶこと

■一般の大学と同じように、教養教育・外国語・体育・専門基礎の科目と専門科目(人文・社会科学専攻及び理工学専攻)を教育するとともに、本校独自の防衛学(防衛に関する学術分野)の教育を行います。なかでも防衛学においては、安全保障、戦史、国防論や戦略論などの他大学にはない専門的分野の教育も充実しています。

■本校独自の訓練課程があり、4年間で約1,005時間が配当されており、自衛官として必要とする基礎的な訓練事項を学び、将来幹部自衛官として勤務するために必要な資質や技能を習得します。

■2学年進級時に、本人の希望と成績により人社系3学科、理工学系11学科の学科が決定され、多様な専攻分野での教育を受けることができます。

防衛大学校の特長

■授業料免除、衣食住は国費で。さらに学生手当月117,000円*

■2学年進級時に、本人の希望や適性、成績などを考慮して、卒業後の陸海空自衛官のうち、どの自衛官となるかが決定。併せて、本人の希望と成績により、人文・社会学専攻は全3学科、理工学専攻は全11学科の中から学科が決定

■訓練には課程訓練と定期訓練があり、課程訓練は週2~3時間、主に校内で行い、定期訓練は一定期間(春季:約1週間、夏季:約1か月)校内だけでなく、自衛隊の部隊などで集中して実施。他大学にはない体験が可能

■学生各自所有のパソコンとつながった校内のLANシステム完備

■開校記念祭、国際士官候補生会議、他大学生徒のシンポジウムなど、他大学では見られない多彩な学校行事

■約10人の外国人講師を含む充実した英語教育

防衛大学校の学生生活

■防衛大学校は全寮制の学校であり、定められた時程に従った規則正しい生活を送ります。学生舎においては、各学年2名ずつの8名で自習室・寝室の2部屋を使用して、将来部隊における指揮・指導・管理などの能力向上や自律心を養うことが可能です。

■1日の生活の流れは、6時に起床、6時35分から朝食、8時に朝礼をしたのち、8時10分の国旗掲揚後、課業行進により授業に向かいます。8時30分から午前の授業を受講し、12時から昼食。13時15分から午後の授業を受講して、16時30分から校友会(クラブ)活動に参加します。18時15分から夕食ののち、19時45分から自習、22時30分に消灯となります。

■年間を通してさまざまな行事が開催され、学生全員が参加し、多彩な行事が有意義な学生生活をサポートします。学年ごとの行事も存在し、1学年は遠泳、2学年はカッター(救命艇)競技会、3学年は断郊(クロスカントリー)競技会、4学年は持続走競技会を通じ、同期間の絆を深め、将来にわたってのかけがえのない仲間を見つけられます。

■いわゆるクラブ活動をいう「校友会」もあります。その多くが大学リーグなどに加盟しており、他大
学との交流も積極的に行っています。

■学生は、入校と同時に学生舎での生活が義務付けられているため自宅通学はできません。また、平日の外出・外泊はできません。なお、土曜日は8時から23時20分、日曜日と祝日は8時から22時20分まで外出が可能です。また、2学年以上は回数制限がありますが週末の外泊も可能です。

防衛大学校のキャンパスのこと

■広さ約65万平方メートル、東京ドーム14個分の広大な敷地
緑に囲まれた教場や学生舎、図書館、グラウンドなどが整備され、充実した環境の中で学業や訓練に専念することができます。

防衛大学校の海外留学制度

■海外留学は、将来の幹部自衛官として必要な国際的視野に立脚した見識を養うとともに、進展性のある資質を育成することを目的として行っています。

■第3・4学年本科学生を対象として、年間約50名が成績や語学力を考慮した上で、各軍士官学校に派遣されます。

・短期留学(1~3週間)
 アメリカ・シンガポール・タイ・カナダ・インド・ブラジル・大韓民国・中国等

・長期留学(約4ヶ月)
 アメリカ・フランス・ドイツ・オーストラリア・カタール・大韓民国等の各軍士官学校

・長期留学(約1年間)
 大韓民国空軍士官学校

防衛大学校の所在地/問い合わせ先

〒239-8686 神奈川県横須賀市走水1-10-20

TEL.046-841-3810 

防衛大学校の資料や願書をもらおう

パンフをもらおう

※資料・送料とも無料

オープンキャンパス情報open campus

もっと見る

スマホで見るsmartphone

Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88

スマホで防衛大学校の情報をチェック!