資格カタログ

航空工場検査員【国】

  • 受験情報を見る
  • 問い合わせを見る

航空機を安全に保つために検査・検査事務をおこなう

 航空工場検査員とは、航空機や関連機器の検査、確認、製造証明などの知識と技能にかかわる事務を担当する専門家を認定する国家資格です。航空機や航空機用機器の製造工場・修理工場の従業者でこの資格に合格した人のなかから、経済産業大臣によって航空工場検査員を指名され、検査事務にあたることになります。また事業者は、航空工場検査員国家試験に合格した者を航空検査技術者に選任し、航空機の製造及び修理の確認、航空機用機器の製造証明について確認等を行わせなければなりません。
航空工場検査員の国家試験は、航空工場検査員に必要な知識や技能について経済産業大臣が行っているもので、毎年実施されています。

活躍の場

航空機整備会社、航空機関連メーカー

受験情報

受験資格 受験資格の制限は特にありません。
受験科目 試験の種類(8種類) (1)航空機 (2)航空機用原動機(3)航空機用プロペラ(4)回転翼(5)飛行指示制御装置(6)統合表示装置(7)回転翼航空機用トランスミッション(8)ガスタービン発動機制御装置
受験料 8,000円(収入印紙を貼付)
申込方法 経済産業省製造産業局航空機武器宇宙産業課へ受験願書を提出(郵送による場合は、必ず「特定記録郵便」で郵送。また、締切期日までの消印のあるものに限り受け付ける。)
試験方法・取得方法 受験案内を参照のこと

問い合わせ

航空工場検査員
(国家資格)
経済産業省 製造産業局航空機武器宇宙産業課
東京都千代田区霞が関1-3-1
03-3501-1692(直通)
http://www.meti.go.jp/

※上記の資格情報は2018年4月段階の情報です。詳しくは各主催団体にお問い合わせください。

資格カタログ 「航空工場検査員」の紹介
資格カタログでは「航空工場検査員」の、受験情報や問い合わせ先などを紹介しています。資格の取得を目指すには、まず情報を集めることから始まります。資格カタログを確認し、「航空工場検査員」に関する理解を深めましょう。また、日本の学校では目指す資格から専門学校や大学・短期大学を探すことができますので、気になる学校には資料を請求して、資格取得に向けた支援の内容など詳細な情報を集めましょう。
日本の学校は「航空工場検査員」の資格取得を目指す皆さんを応援します。

ページの先頭へ