資格カタログ

動物取扱責任者

  • 受験情報を見る
  • 問い合わせを見る

動物を扱う仕事では必要

 動物を一時的に飼い、育てる動物販売業や動物を一時的に預かるペットホテルなど、ペットとしての動物を取扱う業務を行うには、事業所ごとにそれぞれの自治体からの登録を受けなければなりません。そのためには、事業所ごとに常勤の職員の中から専属の動物取扱責任者を選任する必要があります。動物取扱責任者は、動物愛護管理法などに基づき、適正に飼育・保管が行なわれ、また、鳴き声や臭いなどにより近隣住民に迷惑をかけないように、動物や従業員を監督します。そして動物や施設の管理に不備を発見した場合は、事業主に対して改善を進言する役割も担っています。

活躍の場

動物販売業、ペットホテル、動物の訓練・調教業者、動物園

受験情報

受験資格 1.次に掲げる(1)から(3)の要件のいずれかに該当すること:(1)営もうとする第一種動物取扱業の種別ごとに半年以上の実務経験があること。 (2)営もうとする第一種動物取扱業の種別に係る知識及び技術について一年間以上教育する学校法人その他の教育機関を卒業していること。(3)公平性及び専門性を持った団体が行う客観的な試験によって、営もうとする第一種動物取扱業の種別に係る知識及び技術を習得していることの証明を得ていること。/2.動物取扱責任者研修の受講歴があること/3.動物愛護法に違反し罰金以上の刑に処せられ、その執行後2年を経過していないなど、動物取扱責任者となることができない事項に該当しないこと
詳しくは各都道府県のホームページをご確認ください。
受験科目 各都道府県のホームページをご確認ください。
受験料 各都道府県のホームページをご確認ください。
申込方法 各都道府県のホームページをご確認ください。
試験方法・取得方法 各都道府県のホームページをご確認ください。

問い合わせ

動物取扱責任者
(公的資格)
各都道府県の担当窓口へお問い合わせください


※上記の資格情報は2018年4月段階の情報です。詳しくは各主催団体にお問い合わせください。

資格カタログ 「動物取扱責任者」の紹介
資格カタログでは「動物取扱責任者」の、受験情報や問い合わせ先などを紹介しています。資格の取得を目指すには、まず情報を集めることから始まります。資格カタログを確認し、「動物取扱責任者」に関する理解を深めましょう。また、日本の学校では目指す資格から専門学校や大学・短期大学を探すことができますので、気になる学校には資料を請求して、資格取得に向けた支援の内容など詳細な情報を集めましょう。
日本の学校は「動物取扱責任者」の資格取得を目指す皆さんを応援します。

ページの先頭へ