外務公務員になるには - 大学・短期大学・専門学校の進学情報なら日本の学校

外務公務員になるには

大使館や総領事館で国の代表として活躍

外務公務員には、外務公務員法に定められた職種があり、特命全権大使や政府代表、外務職員など7つに分かれています。外務省本省に勤務する一般職の国家公務員のうち、外交領事事務およびその一般的補助業務にあたったり、世界各国で行われる会議への出席、大使館や領事館で大使や総領事の仕事を行います。 外務公務員になるためには、国家公務員試験(総合職/専門職/一般職)に合格する必要があります。その後、外務省や大使館、総領事館などが主な活躍の場となります。

語学・国際系の職業

パンフをもらうと更に詳細な情報を確認できるので、職業研究の参考にしてください。

外務公務員になれる学校を探してみよう

関連する記事を見てみよう

関連する資格

関連する動画

語学・国際系(国際関連の職業)

職業なるにはナビ512:その他の職業

あわせて見てみよう 適職診断 資格カタログ 職業紹介動画「プロフェシオン」 お仕事図鑑250(小5・小6/中1用) お仕事図鑑250(中2・中3用)