資格カタログ

スペイン語技能検定

  • 受験情報を見る
  • 問い合わせを見る

正しいスペイン語を自由に活用できる人材を要望

 21世紀の三大言語であるスペイン語は、英語、中国語に次いで世界で3番目に使う人たちが多い言語といわれており、そのため需要も多く、各方面から「正しいスペイン語を自由に活用」できる人材が要望されています。

 スペイン語技能検定とは、日本スペイン協会が官公庁、企業などの採用試験、能力査定、語学力評価の要請に応え、1973年「スペイン語検定試験」を開始した、日本の文部科学省後援の検定試験です。スペイン語の実力を総合的に判断する検定で、今では入試や単位修得で優遇する高校、大学も増加傾向にあります。

 最近では、受験者に女性が多くなってきているのも大きな特徴。また、英語やフランス語などに比べるとまだ受験者数が少ないので、取得しておけば活躍の場はあるといえます。

活躍の場

商社や外資系の企業、外国人支援団体・組織、翻訳や通訳、旅行会社

受験情報

受験資格 学歴・年齢等に制限なし
受験科目
受験料 6級3,000円、5級4,000円、4級4,000円、3級7,000円、2級9,000円、1級11,000円
申込方法 郵送
試験方法・取得方法 1次試験:6級 筆記、5・4級 筆記と聞き取り、3・2・1級 筆記
2次試験(3・2・1級):面接

問い合わせ

スペイン語技能検定
(民間資格)
公益財団法人 日本スペイン協会
東京都港区芝4丁目5-18
03-6809-5836
http://www.casa-esp.com/

※上記の資格情報は2018年4月段階の情報です。詳しくは各主催団体にお問い合わせください。

資格カタログ 「スペイン語技能検定」の紹介
資格カタログでは「スペイン語技能検定」の、受験情報や問い合わせ先などを紹介しています。資格の取得を目指すには、まず情報を集めることから始まります。資格カタログを確認し、「スペイン語技能検定」に関する理解を深めましょう。また、日本の学校では目指す資格から専門学校や大学・短期大学を探すことができますので、気になる学校には資料を請求して、資格取得に向けた支援の内容など詳細な情報を集めましょう。
日本の学校は「スペイン語技能検定」の資格取得を目指す皆さんを応援します。

ページの先頭へ