資格カタログ

BCT(ビジネス中国語検定試験)

  • 受験情報を見る
  • 問い合わせを見る

これからのビジネスに欠かせない言語資格

 BCT(ビジネス中国語検定試験)は、全世界で行われる国際レベルの標準試験であり、第一言語が中国語ではない人の、ビジネス活動における中国語のコミュニケーション能力を重点的に測定するものです。主催(試験作成・採点)は中国教育部国家漢語国際普及指導グループですが、日本での実施・運営は日本BCT・YCT事務局が行っています。
 試験は、「聞く・話す」能力に重点をおき、職場でのリアルなビジネスシーンで使えるよう工夫しています。実用性の高い言葉や社交シーンの内容をメインに、受験生のビジネス中国語応用能力を測定します。BCT-A(初級)とBCT-B(中上級)の2種類があり、学習レベルによって選択受験が可能です。

活躍の場

貿易会社、一般企業、メーカー、IT企業、通訳や翻訳、飲食業

受験情報

受験資格 中国語を母語としない方。
受験科目 【BCT-A(初級)】ヒアリング、読解、漢字を書く【BCT-B(中上級)】ヒアリング、読解、作文
受験料 4,000円(税込)
申込方法 事務局へ郵送
試験方法・取得方法 筆記試験

問い合わせ

BCT(ビジネス中国語検定試験)
(民間資格)
日本BCT・YCT事務局
東京都港区西新橋1-9-1 ブロドリー西新橋ビル8F
03-3500-3958
http://www.bct-jp.com/index.htm

※上記の資格情報は2018年4月段階の情報です。詳しくは各主催団体にお問い合わせください。

資格カタログ 「BCT(ビジネス中国語検定試験)」の紹介
資格カタログでは「BCT(ビジネス中国語検定試験)」の、受験情報や問い合わせ先などを紹介しています。資格の取得を目指すには、まず情報を集めることから始まります。資格カタログを確認し、「BCT(ビジネス中国語検定試験)」に関する理解を深めましょう。また、日本の学校では目指す資格から専門学校や大学・短期大学を探すことができますので、気になる学校には資料を請求して、資格取得に向けた支援の内容など詳細な情報を集めましょう。
日本の学校は「BCT(ビジネス中国語検定試験)」の資格取得を目指す皆さんを応援します。

ページの先頭へ