資格カタログ

エネルギー管理士【国】

  • 受験情報を見る
  • 問い合わせを見る

省エネルギーを図るスペシャリスト

 エネルギー資源の乏しい我が国にとって、エネルギーを可能な限り有効に使用することは重要な課題です。このため、昭和54年に「エネルギーの使用の合理化に関する法律」(通称「省エネルギー法」)が制定されました。

 エネルギー管理者の仕事は、燃料や電気使用量の多い工場で、装置や使用方法の改善を行って省エネルギーに貢献するのが仕事。エネルギーの使用の合理化に関して、エネルギーを消費する設備の維持やエネルギーの使用方法の改善及び監視、その他経済産業省令で定めるエネルギー管理の業務を行います。また、規定量以上のエネルギーを使用する工場は、第一種エネルギー管理指定工場(熱と電気を合算した年間使用量が原油換算3000kl以上)に指定されていますが、このうち製造業、鉱業、電気供給業、ガス供給業、熱供給業の5業種は、エネルギーの使用量に応じてエネルギー管理士の有資格者のうち、1人ないし4人のエネルギー管理者を選任しなければならないことになっています。

活躍の場

製造業、鉱業、電気供給業、ガス供給業、熱供給業

受験情報

受験資格 国家試験による取得:受験資格に制限はありません。
認定研修による取得:研修申込時までにエネルギーの使用に関する合理化に関する実務に3年以上従事していることが必要。
受験科目 必須基礎区分、専門区分(熱分野・電気分野のいずれかを選択)
【必須基礎区分】エネルギー総合管理及び法規
【専門区分】熱分野:燃料と燃焼、熱利用設備及びその管理、熱と流体の流れの基礎/電気分野:電気の基礎、電気設備及び機器、電力応用
受験料 17,000円(非課税)
申込方法 受験願書を提出する(ゆうちょ銀行、郵便局にて払込みをする)方法とインターネット申込みをする方法の二通りがあり、いずれかを選択。
試験方法・取得方法 エネルギー管理士の資格は、二通りの取得方法があります。
1)国家試験による取得
(マークシート方式)
2)認定試験による取得 ※財団法人省エネルギーセンターが行うエネルギー管理研修を受講し、修了試験(記述式)に合格。

問い合わせ

エネルギー管理士
(国家資格)
一般財団法人 省エネルギーセンター エネルギー管理試験・講習センター試験部
東京都港区芝浦2-11-5 五十嵐ビルディング
03-5439-4970
http://www.eccj.or.jp/

※上記の資格情報は2018年4月段階の情報です。詳しくは各主催団体にお問い合わせください。

資格カタログ 「エネルギー管理士」の紹介
資格カタログでは「エネルギー管理士」の、受験情報や問い合わせ先などを紹介しています。資格の取得を目指すには、まず情報を集めることから始まります。資格カタログを確認し、「エネルギー管理士」に関する理解を深めましょう。また、日本の学校では目指す資格から専門学校や大学・短期大学を探すことができますので、気になる学校には資料を請求して、資格取得に向けた支援の内容など詳細な情報を集めましょう。
日本の学校は「エネルギー管理士」の資格取得を目指す皆さんを応援します。

ページの先頭へ