資格カタログ

森林インストラクター

  • 受験情報を見る
  • 問い合わせを見る

森とふれあい、自然を大切にしたい人に

 森林インストラクターとは、森林を利用する一般の者に対して、できるだけたくさん森からのメッセージを受け取れるようにお手伝いするインタープリター(通訳者)です。森林や林業に関する適切な知識を与え、森林の案内や森林内での野外活動の指導を行います。資格試験は、森林インストラクターとなるために必要な知識及び技能を有するかどうかを判定することを目的としており、「一次試験」と「二次試験」からなります。一次試験では、『森林』、『林業』、『森林内の野外活動』及び『安全及び教育』の4科目について記述式を主体とした「筆記試験」が行われ、科目別に合否が判定されます。二次試験では、一次試験の合格者を対象に、「実技試験」と「面接」が行われます。

 森林インストラクターは、自然環境教育を目指す森の案内人です。机上のテキストより、経験が一番の勉強になります。経験を重ねることで初めて自信を持って自分は森林インストラクターだと言えるようになることでしょう。そして何よりも、自然を愛し大切にすること、人と接することが好きなことが条件です。

活躍の場

森林ガイド、バードウォッチング、林業体験、きのこや山菜採り、林間学校、キャンプ、自然教育

受験情報

受験資格 年齢が、受験時において満20歳に達している者。ただし、次のいずれかに該当する者は、試験の応募資格がありません。(1)成年被後見人又は被保佐人 (2)公務員で懲戒免職の処分を受け、その処分を受けた日から起算して2年を経過していない者 (3)禁固以上の刑に処せられ、その執行を終わった日または執行を受けることがなくなった日から起算して2年を経過していない者(4)森林インストラクターの登録を取り消され、その取り消しの日から起算して2年を経過していない者 (5)破産者で復権を得ない者
受験科目 筆記試験:森林(森林の仕組み・植生の遷移、樹木・森林の動植物、森林の地質・土壌と水文、その他森林に関すること) 、林業(山村と農林業、森林の効用、森林の施業、木材及び特用林産物(きのこを含む)の利用、その他林業に関すること) 、森林内の野外活動(森林レクリエーション、キャンピング、ネイチャークラフト、その他森林内の野外活動に関すること) 、安全及び教育(安全の知識(気象を含む)・救急処置法、環境教育・自然保護、指導技術・企画の立て方、その他安全及び教育に関すること)/実技試験:あらかじめ提示される素材の一つを使って,森林インストラクターとしての模擬演技/面接
受験料 18,000円
申込方法 受験申込書等を全国森林レクリエーション協会あてに郵送
試験方法・取得方法 一次試験:記述式を主体とした筆記試験/二次試験(一次試験合格者対象):実技試験、面接

問い合わせ

森林インストラクター
(民間資格)
一般社団法人 全国森林レクリエーション協会
東京都文京区後楽1-7-12 林友ビル6階
03-5840-7471
http://www.shinrinreku.jp/

※上記の資格情報は2018年4月段階の情報です。詳しくは各主催団体にお問い合わせください。

資格カタログ 「森林インストラクター」の紹介
資格カタログでは「森林インストラクター」の、受験情報や問い合わせ先などを紹介しています。資格の取得を目指すには、まず情報を集めることから始まります。資格カタログを確認し、「森林インストラクター」に関する理解を深めましょう。また、日本の学校では目指す資格から専門学校や大学・短期大学を探すことができますので、気になる学校には資料を請求して、資格取得に向けた支援の内容など詳細な情報を集めましょう。
日本の学校は「森林インストラクター」の資格取得を目指す皆さんを応援します。

ページの先頭へ