にほんふくしだいがく

日本福祉大学

(私立大学/愛知)

資料請求

子ども発達学部

小学校教諭+特別支援学校教諭免許のダブル資格に対応!
多様な現場で子どもたちとふれ合いたくさんの発見を。

  • ※2018年4月入学者対象のものです。
子ども発達学部
この学部・学科の資料をもらう
 
子ども発達学部の学科・コース・専攻一覧
子ども発達学科
  ●保育専修
  ●学校教育専修 [学校教育コース(仮称)/特別支援教育コース(仮称)]
心理臨床学科
 
子ども発達学部の特長
学部・学科・コースについて

■子ども発達学科 保育専修
保育専修では、遊びや生活を通して子どもの“こころとからだ”を育むことのできる保育者を養成します。それに加えて、さまざまな事情で家族と離れて暮らす子どもの発達を支援したり、保護者に寄り添って子育ての喜びをわかちあったり、地域社会全体での子育て支援を考えるなど、子どもを取り巻くすべてを見わたす視野を養うことも、この専修のねらいです。このため、地域社会との連携により実習教育を充実させるとともに、保育現場の声を聞く講義や多様な現場体験の機会を設けています。保育士と幼稚園教諭、2つの資格・免許を取得して、保育所や幼稚園、認定こども園、児童擁護施設、障害児支援施設や学童保育所など、幅広い分野に進むことができます。

■子ども発達学科 学校教育専修 学校教育コース(仮称)
学童期から青年期の子どもの発達を理解し、学年に応じた教育内容や指導方法を学ぶ学校教育専修。単に勉強を上手に教える先生ではなく、子どもに寄り添い、その成長を支える豊かな知性と感性を備えた教員を育てます。また本学の特色である周辺自治体との密接な関係を活かして「教職インターンシップ」も実施。早期からの教育現場での体験学習により、子どもの姿や教員の仕事を体感しながら、学びを深めることができます。

■子ども発達学科 学校教育専修 特別支援教育コース(仮称)
特別支援学校に通う子どもや、特別支援学級・通常学級に通う特別な支援が必要な子どもへの教育と、生活上の困難を改善・克服するための指導方法を学ぶ特別支援教育コース。その上で、模擬授業や教職インターンシップなどの実践的な学びを通じて、知的障害・肢体不自由・聴覚障害・発達障害といった個別ニーズに応えるための理論と技術を身につけます。特別支援学校を含む学校の教員、児童養護施設や障害児施設の職員、あるいは公務員として、障害のある子どもや家族を支援する人材を育てます。

■心理臨床学科 
心理臨床学科では、乳幼児から青年期をはじめとして、成人期以降も含めたすべてのひとの「こころの問題」を理解し支援する力を養成します。まず、心理学の基礎理論を学び、各種の研究手法や臨床技法を実践的な演習を通して身につけます。その上で不登校・引きこもり・非行・児童虐待などを含めさまざまなひとへの支援のあり方を学びます。机上の学習だけでなく、心理の支援実習や関連施設の見学が可能なカリキュラムとなっています。将来は、公務員心理職(児童相談所・家庭裁判所)、学校カウンセラー、企業の人事・労務部門、広告マーケティング部門など幅広い分野での活躍が期待されます。

主な就職先

■保育士・幼稚園教諭免許を取得して、保育分野へ多数就職
<子ども発達学科 保育専修>
7割近くの学生が保育士・幼稚園教諭に(2017年3月実績)。

■卒業生の約半数(25名)が教育委員会へ(2017年3月実績)
<子ども発達学科 学校教育専修>
学校教育専修では卒業生の多くが小学校教諭として活躍しています。

■特別支援学校や大学院への進学者も多数
<心理臨床学科 心理臨床専修>
一般企業に加え、心理学の学びが活かせる公務員心理職や児童養護施設への就職実績が豊富。このほか、臨床心理士をめざして10名が大学院に進学しました。

■特別支援学校教諭免許を取得した学生の多くが、全国の教育現場で活躍
<心理臨床学科 障害児心理専修>
卒業生の4割強(24名)が教育委員会へ就職。そのうち特別支援学校に21名が就職しています。障害児心理の学びが活かせる児童擁護施設や障害児施設にも就職実績があります。

学べる内容

■子ども発達学科 保育専修
本学の前身である中部社会事業短期大学時代から60年を超える保育者養成の歴史があり、全国的に高い評価と実績を積上げています。特に名古屋市立保育園では園長の5人に1人が本学の卒業生です。(2017年4月現在)

■子ども発達学科 学校教育専修 学校教育コース(仮称)
「教職インターンシップ」とは、2年次と4年次に、主に小中学校で実施する研修です。授業見学や授業補佐のほか、課外活動や職員室での教員の仕事を体験しながら、将来教員になる自覚を2年次という早期から養うことができます。また、教員採用試験合格後の4年生も参加できるので、就職までの準備にも役立ちます。

■子ども発達学科 学校教育専修 特別支援教育コース(仮称)
障害や特別な教育的ニーズのある子どもたちの抱える困難を理解し、その教育・支援の在り方だけではなく、社会的環境に内在する課題についても把握し、特別支援教育に関する高度な専門性を身につけます。

■心理臨床学科
心理学の基礎を学んだ上で、こころの問題を抱えた子どもと家族を支援する心理臨床の手法を学習します。「臨床心理学II」では、不登校・虐待・摂食障害・不安障害といった個別の問題への理解と支援方法を学びます。
また、「臨床心理士」受験資格が取得できる大学院も併設しています。(本学科学内選抜入試あり)

 
学べる学問
  • 教育学
  • 心理学
  • 児童学
  • 人間関係学
  • コミュニケーション学

 

目指せる職業
  • 保育士
  • 幼稚園教諭
  • 小学校教諭
  • 中学校教諭
  • 特別支援学校教諭

資格

    保育士
    幼稚園教諭一種免許状
    学童保育士(※別途、NPO法人 学童保育指導員協会の開講講座を受講する必要があります)
    障がい者スポーツ指導員(初級)
    社会福祉主事任用資格
    児童指導員任用資格
    小学校教諭一種免許状(卒業要件資格)
    中学校教諭一種免許状(社会)
    特別支援学校教諭一種免許状(知的障害者・肢体不自由者)
    認定心理士
    ※文部科学省の審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる場合があります。
    ※詳細はキャンパスガイドをご確認下さい。

就職について

■2017年3月就職実績
<子ども発達学科>
・保育専修
○保育士・幼稚園教諭
名古屋市、東海市、岡崎市 など
・学校教育専修
○教員(教育委員会)
愛知県、名古屋市、岐阜県、東京都、静岡県、富山県、長野県 など

<心理臨床学科>
・心理臨床専修
 愛知県教育委員会、岐阜県、岐阜信用金庫、住友生命保険、高見(TAKAMI BRIDAL) など
・障害児心理専修
 愛知県、岐阜県、宮城県、トヨタ紡織、愛光園、豊橋市福祉事業会 ほか

日本福祉大学の所在地/問い合わせ先

全ての所在地/問い合わせ先を見る

所在地

●美浜キャンパス

〒470-3295 愛知県知多郡美浜町奥田  入学広報課

TEL.0569-87-2212  (直)  FAX.0569-87-5849 

ホームページ http://www.n-fukushi.ac.jp/
ページの先頭へ

日本福祉大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内
※資料・送料とも無料

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで日本福祉大学の情報をチェック!