日本福祉大学 | 学部・学科・コース詳細(福祉工学科) - 学校案内や願書など資料請求[JS日本の学校]
健康科学部 福祉工学科

健康や福祉のための情報システムや福祉用具の開発、バリアフリー建築や自然と共生する街づくりの知識と技術を修得

  • ※2022年4月現在のものです。
福祉工学科
 
福祉工学科のコース・専攻一覧
●情報工学専修
●建築バリアフリー専修
 
福祉工学科の特長
学べる内容

【情報工学専修】
・人工知能などのハイレベルな情報工学系科目を体系的に学ぶ。
・情報工学と医療・福祉分野との融合領域を学んで特色ある技術者に。
・情報系と福祉系、希望する進路に対応した資格取得を支援。

【建築バリアフリー専修】
・建築と福祉の学びから、誰もが暮らしやすい空間を生み出す。
・建築と環境の学びから、自然と共生可能な環境づくりをめざす。
・資格取得をめざし、高いレベルの建築スキルを身につける。

カリキュラム

■情報工学専修
入学直後から情報処理技術者に必要なハードウェア、ソフトウェアの基礎を養い、2年次からはアルゴリズム、ネットワーク、データベース、人工知能などの専門知識を修得。3年次以降はマルチメディア情報処理や情報セキュリティなどの、より実践的な情報技術を学びます。IoTや組込みプログラミングなどを学ぶことで、情報技術を活用した生活支援機器や福祉用具の開発、利用者への適合支援が行える力を養います。情報分野の国家資格「ITパスポート」「基本情報技術者」などの取得を授業内で支援します。また、中部地方では唯一、福祉用具の専門資格「福祉用具プランナー」研修修了試験受験資格の取得も可能です。
■建築バリアフリー専修
建築の専門科目と並行して、1年次から福祉の専門科目も学べます。建築の知識はもちろん、ユニバーサルデザインや安全・安心、福祉の視点も併せ持った建築士をめざすことができる、日本福祉大学ならではのカリキュラムです。
「建築製図演習」など基礎的な科目から、「福祉住環境計画」「エコロジカル建築設計演習」「建築防災計画」など特色ある科目までを広く履修することにより、卒業時には学生全員が「二級建築士」試験受験資格を取得でき、取得単位数に応じて「一級建築士」試験受験資格も取得できます。

資格取得指導

■取得を支援する資格

情報関連企業や関連省庁の就職活動ではこれらの国家試験の合格が求められる場合が増えています。さらに上級資格をめざす人には「応用情報技術者」「ネットワークスペシャリスト」試験の合格も支援します。また、中部地方では唯一! 福祉用具プランナー研修修了試験受験資格を在学中に取得できます。

 
インタビュー
鈴木 純平さん

卒業生
鈴木 純平さん(2021年3月卒業 愛知県 五条高校出身 シーアンドエス株式会社勤務)

情報技術で地域の医療福祉に貢献したい。

特に力を注いだのは、プログラミングの授業です。Webサイトの制作やアプリの開発、機器の動作制御などに取り組み、健康や福祉に活かせることを学びました。就職先のシーアンドエス株式会社は、医療機関のシステム開発や保守・管理を行っている企業です。大学で学んだ情報技術の知識を活かして、地域の医療福祉に貢献していければと考えています。

山田 赳大さん

卒業生
山田 赳大さん(2021年3月卒業 大分県 高田高校出身 アサヒサンクリーン株式会社勤務)

情報技術を活かして、高齢者の生活を支えたい。

卒業研究では障害のある人が野外での鬼ごっこを仮想体験できるコンテンツを開発し、最優秀発表賞をいただきました。システムや福祉用具を提案するプロジェクト型の科目を通して、使用者の要望を聞くことや使用者への適切なアドバイスの大切さを学びました。卒業後は、大学で学んだ福祉用具、情報技術の知識を活かして、お客様の快適な生活を支えていきたいと思います。

東川 泰成さん

卒業生
東川 泰成さん(2021年3月卒業 愛知県 名城大学附属高校出身 株式会社鴻池組)

建築やものづくりを通して、地域の人々に貢献したい。

研究室の仲間と亀崎のまちでシェアハウスをしながら、ものづくりイベントなどを企画・実施。地域の幅広い世代の方々と交流を広げてきました。地域のニーズを引き出すことや住民の視点に立って考えることの大切さを学び、まちづくりにかかわりたいという思いからゼネコンを志望。就職先では、人と人のつながりをつくり公共施設などの建築にかかわり、地域の活性化に貢献できればと思います。

 
学べる学問
  • 経済学
  • 社会学
  • コミュニケーション学

 

目指せる職業
  • 建築士
  • 社会福祉主事

資格

    ■情報工学専修
    取得可能な資格
    ・福祉用具プランナー研修修了試験受験資格※1
    ・社会福祉主事任用資格

    ※1)CDP講座などで福祉用具専門相談員指定講習の受講が必要です。また、修了試験合格と実務経験2年を経て、福祉用具プランナー認定証が交付されます。


    ■建築バリアフリー専修
    取得可能な資格
    ・一級建築士試験受験資格※1
    ・二級建築士試験受験資格※2
    ・2級ビオトープ管理士(計画・施工)試験科目一部免除※3
    ・社会福祉主事任用資格

    ※1)建築士免許の登録には、卒業後、指定科目の修得単位数等に応じた建築実務の経験年数が必要となります。
    ※2)卒業に必要な科目をすべて取得すると受験資格が得られます。
    ※3)所定の科目の履修によって試験科目の一部が免除されます。

就職について

■卒業時には全員が二級建築士の受験資格を取得
卒業時には全員が二級建築士試験受験資格を取得できます。さらに一定の要件を満たすことで、一級建築士の受験資格も取得できます。バリアフリーやユニバーサルデザインなど福祉の視点を身につけた建築のプロフェッショナルをめざせます。

日本福祉大学の所在地/問い合わせ先

所在地

●美浜キャンパス

〒470-3295 愛知県知多郡美浜町奥田会下前35-6

●半田キャンパス

〒475-0012 愛知県半田市東生見町26-2

●東海キャンパス

〒477-0031 愛知県東海市大田町川南新田229
ホームページ https://www.n-fukushi.ac.jp/
ページの先頭へ

日本福祉大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内
※資料・送料とも無料

_

ピックアップ
オープンキャンパス

スマホで見るsmartphone

Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88

スマホで日本福祉大学の情報をチェック!