善きことをした高校1年生達 - 日本の学校

善きことをした高校1年生達

世のため、人のために立派な行いをしている高校生達を紹介します。
高校生達の活躍を、ぜひご覧ください。

最新のニュース
 

東北に届けるお米 11回目の今年も苗の手植えから心込め育成

 

兵庫県 豊岡総合高校 インターアクトクラブのみなさん

 

町盛り上げレシピ 特産イチゴのスムージーとSDGsなスープ開発

 

山口県 田布施農工高校 食品科学科のみなさん

 

左沢線開通100周年 記念の「駅からハイキング」企画・実施

 

山形県 左沢(あてらざわ)高校 有志生徒のみなさん

 

アットホームな心で貢献活動 駅のベンチに手作りの座布団(ソックマット)寄贈

 

群馬県 長野原高校 家庭クラブ・専門教科家庭科の授業選択者・ボランティアの生徒たち

 

地域活性化へ叡電乗客に発信 京都岩倉の魅力映像、校舎に投影

 

京都府 北稜高校 生徒会のみなさん

 

不要の服を無料譲渡 「服活」を通して環境配慮の消費社会実現へ

 

徳島県 那賀高校 エシカルクラブのみなさん

兵庫県 豊岡総合高校 インターアクトクラブのみなさん

この学校を詳しく知ろう

兵庫県 豊岡総合高校 インターアクトクラブのみなさん1
兵庫県立豊岡総合高校のインターアクトクラブは、豊岡市内各所での清掃活動や花のプランターの寄贈、海岸漂着物の回収や湿地の除草、使用済み切手の収集など、様々な社会貢献活動に取り組んでいる。

2011年からは宮城や熊本、岡山、丹波などの被災地を訪問し、ボランティア活動や復興、支援、交流活動を進めている。その中で、2012年から開始したのが、地域の諸団体と連携し、アイガモ農法による無農薬で育てたお米(インターアクト米)を、東日本大震災や熊本地震の被災地などに贈る活動をしている。

11回目となる今年は5月22日に田植えを実施。同校部員の他、豊岡ロータリークラブ、豊岡ローターアクトクラブ、芦屋学園高校インターアクトクラブの生徒ら約50人が素足で田んぼに入り、苗約8千本を手で植えた。6月はアイガモの放鳥と生物観察、7月には生物調査や環境整備、9月に手鎌での稲刈りと天日干しを行う。収穫したお米は、宮城県気仙沼市の高校や熊本の福祉団体、地域の特別支援学校、福祉施設、子ども食堂などに寄贈する他、11月の収穫祭などで使われる。

部員らが育てたお米は、栄養価も高く、味も良いと評判で、部員たちは「今年も美味しいお米を贈りたい」と意気込む。

また、同校インターアクトクラブは、今年度から休耕畑を有効活用した「もいもいプロジェクト」をスタートさせた。さつまいもを苗から栽培し、秋頃に収穫してお米と同様に、宮城や熊本の被災地、子ども食堂や特別支援学校などへ寄付することにしている。

部員たちは、今後も被災地や地域に役立つ活動を企画・実践していきたいと話している。
(2022年6月掲載)
兵庫県 豊岡総合高校 インターアクトクラブのみなさん2兵庫県 豊岡総合高校 インターアクトクラブのみなさん3
ページの先頭へ
島根県 石見養護学校高等部のみなさん1
島根県立石見養護学校のある邑南町は「日本一の子育て村構想」を推進しています。様々な取り組みの一つに、1歳半健診を受けた親子に、本校高等部木工班の生徒が作る積み木「おおなんみんなのつみき」を贈る活動があります。

2015年度(平成27年度)の「おおなんドリーム 学びのつどい」(※1)で、当時の高等部1年生が「自分たちが作った積み木をプレゼントしたい」と提案し、その翌春から邑南町役場を中心に関係機関と連携した活動が始まりました。そして、2017年度(平成29年度)に全国的な「ウッドスタート」という木育事業として邑南町に導入され、現在に至っています。

そして、5年がたった今年、近隣の矢上高校生が考えたデザインを一新しました。今回は、本校木工班生徒が、デザイナーの方や役場の担当の方と一緒に、半年かけてリニューアルしました。振ると音がするオオサンショウウオに見立てた四角の積み木と様々な大きさの四角い積み木が全部で15個あります。サクラ、ヒノキ、クリ、コナラなどの地元産材を使っていることも、こだわりの一つです。

生徒たちは、先輩の思いを受け継ぎ、作業学習で制作に取り組んでいます。生徒数減少で今年度は木工班だけではなく、高等部全体で取り組み始めています。

今年度4月21日、第1回目の1歳半健診が行われました。積み木の贈呈は直接、生徒が行っています。この積み木にこめられたみんなの願いや自分たちの思いをまとめた冊子とともに訪れた7組の親子にプレゼントしました。

積み木製作には、役場を始め、材料の地元産材を準備してくださる企業や様々な人が関わってくださっています。そういった皆さんを代表して、積み木の贈呈をしていることを忘れずに受け継いでいきます。また、積み木を見た時の赤ちゃんの笑顔を思い浮かべながら、これからも制作に励んでいきます。

※1「おおなんドリーム 学びのつどい」とは、邑南町内の小学生、中学生、高校生、大人が一堂に会し、邑南町の良さや暮らしの課題について学びまとめたことを自分たちの夢や願いを込めてプレゼンし、互いに聞き合い意見交換する場。
(2022年5月掲載)
島根県 石見養護学校高等部のみなさん2
ページの先頭へ

山口県 田布施農工高校 食品科学科のみなさん

この学校を詳しく知ろう

山口県 田布施農工高校 食品科学科のみなさん1
山口県立田布施農工高校の食品科学科の生徒は、2018年度から田布施地域交流館との産学連携事業で新商品開発に取り組んでいる。4回目となる2021年度のテーマは「田布施地域交流館のカフェで販売する、田布施町を盛り上げるレシピ」。1、2年生が開発に挑戦した。

昨年7月、生徒たちは同交流館を訪れ、カフェの設備や取扱商品、加工品などを見学し、メニュー開発のヒントを得た。

生徒たちはグループに分かれ、1年生はスムージーを、2年生はスープを考え、9月の試作会では多彩なメニューを提案。同交流館や田布施町、周南地場産業振興センターなどの出席者から評価と助言を受け、10月に行われた第2次審査に挑んだ。

そして新商品として販売が決まったのが、町特産のイチゴのスムージーとバニラシェイクの赤白カラーが映える「ダブルストロベリー」と、スープは同交流館で売れ残った野菜をムダなく使う「田布施まるごとonコンソメ」で、開発した生徒はSDGs(持続可能な開発目標)を考慮したと話す。

今年4月、生徒たちが考えたコラボ商品第一弾として「ダブルストロベリー」が発売された。3回楽しめるのが特徴で、最初はそのまま甘酸っぱいイチゴソースを、2回目は上の層と混ぜて「さくら色」に。3回目はトッピングのイチゴも混ぜ込み食感の変化が味わえる。イチゴの在庫がなくなり次第終了する限定販売で、町民や観光客からも「おいしい」と好評だった。

「田布施まるごとonコンソメ」は、今秋販売される予定で、生徒は「季節によって使う野菜が変わるので、見た目や味の違いを楽しんでもらえれば」と話している。
(2022年5月掲載)
山口県 田布施農工高校 食品科学科のみなさん2
ページの先頭へ

山形県 左沢(あてらざわ)高校 有志生徒のみなさん

この学校を詳しく知ろう

山形県 左沢(あてらざわ)高校 有志生徒のみなさん1
「地域を掘り起こし、地域に根ざせ 左高生」をキャッチコピーとする山形県立左沢高校。生徒も地域の将来を担うべく、勉学に勤しむとともに、地域の魅力を発信するためのさまざまな取り組みを進めている。

今年4月23日には、有志生徒が、北山形駅から左沢駅を結ぶJR左沢線の全線開通100周年を記念する「駅からハイキング」を実施した。

100周年を祝う多彩なイベントが企画される中で、JR側からハイキングの企画を提案され、8人の生徒が「やります」と声を上げた。

8人は、1月から放課後などに集まり、沿線の歴史や文化を学べるコース設定を検討してきた。生徒たちが考えたのは「知っているけれど、行ったことのない場所」で、選んだのは、左沢藩城下町や斎藤茂吉の歌碑、最上川を望む左沢楯山城史跡公園など8か所。ボランティアガイドらの監修を受けながら、最上川舟運の歴史、左沢町場の景観などを案内するための資料作成にも取り組んだ。

ハイキングのタイトルは「左沢線100周年~ぷくちゃんと歴史大冒険!!」。「ぷくちゃん」は地元大江町で発見された「ヤマガタダイカイギュウ」化石のレプリカの愛称。

当日はあいにくの雨だったが、左沢駅に集合した約30人の参加者を生徒たちは笑顔で出迎え、ハイキングをスタート。コース終盤の旧最上橋に着く頃には雨も上がり、満開の桜を満喫できた。

初めはうまく案内できるか不安だったという生徒たちだったが、参加者との会話も弾み「お客様の笑顔を見ることができうれしかった」と言い、今後も地域のイベントなどに参加し、左沢の魅力を発信していきたいと意欲を見せていた。
(2022年5月掲載)
山形県 左沢(あてらざわ)高校 有志生徒のみなさん2山形県 左沢(あてらざわ)高校 有志生徒のみなさん3
ページの先頭へ

群馬県 長野原高校 家庭クラブ・専門教科家庭科の授業選択者・ボランティアの生徒たち

この学校を詳しく知ろう

群馬県 長野原高校 家庭クラブ・専門教科家庭科の授業選択者・ボランティアの生徒たち1
「あっとほーむ長野原」をキャッチフレーズとする群馬県立長野原高校。地域とも、アットホームな気持ちで交流を続けている。2008年度より群馬県教育委員会から「ぐんまコミュニティー・ハイスクール」~地域に親しまれる高校を目指した、「ふれあいと信頼」の学校づくり~の指定を受けている。生徒たちは長野原町の様々なイベント参加や花いっぱい運動、地域のこども園や子ども館での大型紙芝居の実演や読み聞かせ、草津温泉の最寄駅JR「長野原草津口駅」の定期的な清掃や特別養護老人ホームでの利用者との交流・手伝いなど、地域社会への福祉・貢献を目的とした活動に取り組んでいる。長野原草津口駅への手作りの座布団寄贈もその一つで、定期清掃と共に10数年続く活動だ。2019年には、JR東日本から感謝状が贈られている。

今年は、3月22日に専門教科家庭科の授業選択者やボランティアで作成した代表生徒4人が同駅を訪れ、座布団21枚を贈った。靴下の端材を編み上げて作る座布団で、完成するまでに2~3時間ほどかかるという。毎年、様々な色合いの座布団がベンチに並び、利用する乗客からは「なんかほっこりする。柔らかくて心地いい」と好評だという。

生徒たちは、今後も地域に愛される高校を目指して、駅に訪れる人々に喜んでもらえる活動を継続して取り組んでいきたいと話している。
(2022年4月掲載)
群馬県 長野原高校 家庭クラブ・専門教科家庭科の授業選択者・ボランティアの生徒たち2
ページの先頭へ
京都府 北稜高校 生徒会のみなさん1
京都府立北稜高校は、地元岩倉の活性化に向けた学びを進めている。生徒たちは、総合的な探究の時間「北稜探究」では、地域の課題解決力を伸ばす力を育み、「岩倉の地域活性化プロジェクト」では、SDGs(持続可能な開発のための目標)の一つ「住み続けられるまちづくり」達成に向けた提案を行っている。

心に残る高校生活の創造を目指す生徒会も、地域と連携したプロジェクトを企画、実践している。

今年2月10日には、地域の魅力を映像化し、校舎に映像を投影する「プロジェクションマッピング」を実施した。学校近くを通る叡山電鉄の乗客に見てもらい、岩倉の良さを知ってもらうことで活性化につなげるのが目標。

1学期に制作をスタート。生徒たちはプロジェクションマッピングは初心者なため、京都光華女子大学のメディアラボに通い、キャリア形成学科の教員の指導で作り方などを学んだ。映し出す映像の素材は、学校が保存していた桜やアジサイ、紅葉、祭りなど岩倉の四季や風景の写真を使用。約3分半の作品に仕上げた。

そして当日の夕方6時から約1時間半、校舎の北側、高さ約10m、幅約50mの壁面に、岩倉の四季の彩りを映し出した。

叡山電鉄もこの企画に協力。電車が同校前を通過する間、スピードを落とし、アナウンスを行い、冬の夜空の元、高校生作のプロジェクションマッピングが乗客たちを楽しませた。

コロナ禍で「今、地域に喜んでもらえることは何か考えながら取り組んだ」という生徒会。今後も岩倉の魅力を発信するため「できることを実行したい」と話していた。
(2022年4月掲載)
京都府 北稜高校 生徒会のみなさん2京都府 北稜高校 生徒会のみなさん3京都府 北稜高校 生徒会のみなさん4
ページの先頭へ

徳島県 那賀高校 エシカルクラブのみなさん

この学校を詳しく知ろう

徳島県 那賀高校 エシカルクラブのみなさん1
徳島県立那賀高校は「エシカル教育の充実」を重要目標の一つとし、「『エシカル消費』を世界へ・未来へ」をテーマにした教育を進めている。生徒も多彩な活動を行っており、エシカルクラブの生徒たちは、社会や環境を配慮したエシカル(倫理的)消費の普及を目指すべく、その中心的活動として「服活」に取り組んでいる。

「服活」とは、不要となった衣服を回収し、新たな活用の場を与える活動。回収は生徒や教職員への呼びかけに加え、地元那賀町の広報誌やショッピングモール、個人店などの協力を得て、地域住民などから古着の寄付を受け、検品、サイズ別に仕分けして図書館や各種イベントなどで展示し、必要とする人に無料譲渡するもので今年で6年目。2020年度までに4500着、2021年度は3600着を譲渡したという。

「状態のいい服をそろえているので、幅広い世代の方にお譲りできれば」「服活を通して、環境にやさしい生活『エシカル消費』について理解していただき、この取り組みに参加してもらえたら」と話す。

リピーターや回収協力店も増えているといい、「服活」を基盤にしたエシカルの輪の広がりに、手応えを感じている様子だ。

同部は、回収した衣服の一部を海外に送り、現地の雇用促進やポリオワクチン購入などの国際支援に役立てる「古着deワクチン」活動に参加。また、縫製会社から提供された残反でエコバッグや防災リュックを製作し、イベントなどで配布。地元産の阿波晩茶で染めたガーゼマスクを近隣の高齢者施設に提供するなど、様々なエシカル活動を実践。これらの活動が高く評価され、2021年度のACAP消費者志向活動表彰で「選考委員奨励章」を受賞した。
(2022年4月掲載)
徳島県 那賀高校 エシカルクラブのみなさん2徳島県 那賀高校 エシカルクラブのみなさん3徳島県 那賀高校 エシカルクラブのみなさん4
ページの先頭へ

あなたのまわりの素晴らしき高校生・善きことをした高校生をご紹介ください。

掲載につきましては、小社にて検討させて頂くことがあります。
メールに氏名(団体名)、都道府県、高等学校名、学年、あなたのお名前、お電話番号、住所、情報源、記事内容をご明記の上、「日本の学校」編集部へお送りください。
この内容についてのお問い合わせ・ご感想ははこちらまで( webadmin@js-corp.co.jp )

高校オススメコンテンツ
私立高校のパンフレット取り寄せ 入試過去問題

JS日本の塾