資格カタログ

手話通訳士

  • 受験情報を見る
  • 問い合わせを見る

手話による通訳を行う手話の専門家

 手話通訳士とは、聴覚に障害を持つ人と障害を持たない者とのコミュニケーションを円滑に行えるように、手話による通訳を行う手話の専門家です。手話通訳技能認定試験に合格し、手話通訳士として登録することが必要です。手話通訳士になると、専門的な手話の技能を有することが証明されます。手話通訳士の活躍の場は、手話通訳付きの講演会やTV番組など様々で、今後も活躍の場が広がる兆しです。

 試験は、年1回、「学科試験」と「実技試験」が行われます。「学科試験」では、障害者福祉の基礎知識、聴覚障害者に関する基礎知識、手話通訳のあり方、国語の知識が問われます。「実技試験」では、聞き取り通訳試験(音声を手話で表現)と読み取り通訳試験(手話を音声で表現)が行われます。

活躍の場

障害者福祉施設、銀行、市町村役場など

受験情報

受験資格 20歳(受験日の属する年度末(3月31日)までに20歳に達する者を含む)以上の者
受験科目 学科試験:障害者福祉の基礎知識、聴覚障害者に関する基礎知識、手話通訳のあり方、国語 /実技試験:聞き取り通訳、読み取り通訳
受験料 18,000円
申込方法 受験申込書を簡易書留郵便で郵送
試験方法・取得方法 学科試験(四肢択一方式)/実技試験

問い合わせ

手話通訳技能認定試験
(公的資格)
社会福祉法人 聴力障害者情報文化センター
東京都目黒区五本木1-8-3
03-6833-5003
http://www.jyoubun-center.or.jp/

※上記の資格情報は2018年4月段階の情報です。詳しくは各主催団体にお問い合わせください。

資格カタログ 「手話通訳士」の紹介
資格カタログでは「手話通訳士」の、受験情報や問い合わせ先などを紹介しています。資格の取得を目指すには、まず情報を集めることから始まります。資格カタログを確認し、「手話通訳士」に関する理解を深めましょう。また、日本の学校では目指す資格から専門学校や大学・短期大学を探すことができますので、気になる学校には資料を請求して、資格取得に向けた支援の内容など詳細な情報を集めましょう。
日本の学校は「手話通訳士」の資格取得を目指す皆さんを応援します。

ページの先頭へ