資格カタログ

応用心理士

  • 受験情報を見る
  • 問い合わせを見る

心のケアに関する専門家として評価の高い資格

 応用心理士は、心理技術者の養成を活動の中心としている日本応用心理学会によって行われている資格制度です。個人や集団の心理学的指導に努力している人々の社会的地位を承認するための一助になるべく考えられました。「応用心理士」は資格であって免許(ライセンス)ではありませんが、これを取得することにより、心理学的な重要性をわきまえ、従事している仕事に役立たせることもできます。

活躍の場

企業や学校の相談所、児童相談所、病院の心療内科、心理クリニック

受験情報

受験資格 日本応用心理学会の会員で入会後満2年が経過していることが必須
さらに、原則として、次のいずれか1つに該当している人 (1)学校教育法に定められた大学または大学院において、心理学専攻またはこれに準ずる分野を卒業あるいは修了した人(学位授与機構の審査により学士の学位を授与された人も含む) (2)日本応用心理学会機関誌「応用心理学研究」に1件以上の研究論文(共著も含む)を発表した人、または学会の年次大会で2件以上の研究発表(単独発表または責任発表のもの)をした人 (3)認定審理委員会が応用心理学と関係あると認めた専門職で3年以上の経験のある人 (4)応用心理学と関係ある職で3年以上の経験を有し、本学会研修委員会企画の「研修会」に5回以上参加した人
受験科目
受験料 審査料10,000円/認定料30,000円
申込方法 郵送
試験方法・取得方法 提出された書類について審査し、合否を判定します

問い合わせ

応用心理士
(民間資格)
日本応用心理学会 「応用心理士」事務局
東京都新宿区山吹町358番地5 アカデミーセンター 株式会社 国際文献社内

http://j-aap.jp/

※上記の資格情報は2018年4月段階の情報です。詳しくは各主催団体にお問い合わせください。

資格カタログ 「応用心理士」の紹介
資格カタログでは「応用心理士」の、受験情報や問い合わせ先などを紹介しています。資格の取得を目指すには、まず情報を集めることから始まります。資格カタログを確認し、「応用心理士」に関する理解を深めましょう。また、日本の学校では目指す資格から専門学校や大学・短期大学を探すことができますので、気になる学校には資料を請求して、資格取得に向けた支援の内容など詳細な情報を集めましょう。
日本の学校は「応用心理士」の資格取得を目指す皆さんを応援します。

ページの先頭へ