なごやじょしだいがく

名古屋女子大学

(私立大学/愛知県名古屋市瑞穂区)

資料請求

願書請求

文学部 児童教育学科 児童教育学専攻
小中教育コース/初等教育コース/幼児教育コース

子どもをとりまく社会的背景を広く学び、時代に対応できる教養を備えた教育者・保育者をめざします。

  • ※2019年4月入学者対象のものです。
児童教育学専攻
この学部・学科の資料をもらう
 
 
児童教育学専攻の特長
学部・学科・コースについて

■専攻紹介

●児童教育学専攻
子どもを取り巻く社会的背景を広く学び、時代に対応できる教養を備えた教育者・保育者をめざします。即戦力として活躍ができるよう、小学校の各教科を教えるために必要な力を実践的に学びます。実験や体験を通して子どもの意欲や能力を引き出す効果的な指導方法、教材の選び方・つくり方、さらに外国語活動に必要な英語力の養成など、教育現場で必要な知識や技術を身につけるための授業が充実しています。

入試について

■入試の種類

公募制推薦、指定校制推薦、AO選抜(I期・II期)、資格優遇選抜、一般入学試験(I期・II期)、大学入試センター試験利用(I期・II期)、センタープラス方式、特別選抜(I期・II期)

卒業後、就職について

■就職実績

高い教員採用試験合格率を誇り、「先生になりたい」という学生の強い意志に応えます。
小学校教員採用試験合格率 64.2%(2018年3月卒業予定者実績)
教育職関係への就職実績   86.3%(2018年3月卒業生実績)

資格について

■取得資格

[小中教育コース]中学校教諭一種免許状(国語)、小学校教諭一種免許状
[初等教育コース]小学校教諭一種免許状、幼稚園教諭一種免許状
[幼児教育コース]幼稚園教諭一種免許状、保育士資格

学費について

■2019年度初年度納入金

142万3,500円(入学金20万円含む)

 
インタビュー
鈴木 幹奈さん

在学生 鈴木 幹奈さん(児童教育学科 児童教育学専攻4年)

実習で教育現場を知り、小学校教諭という “夢”が“目標”に変わりました。

特に楽しく取り組んだのは、子どもの実態を知るきっかけになるような授業でした。「子ども理解の方法」では、事例をもとに子どもへの対応の仕方を考えることができました。授業ではグループワークやディスカッションに取り組むことも多く、他者の意見を取りまとめながら自分の意見を発信する力を養いました。将来、職員会議など教員同士で話し合う機会に役立てられると思います。小学校実習では、現場で求められる知識や教師の動き方を具体的に知ることができ、「先生になりたい」という漠然とした夢が明確な目標に変わりました。卒業後は、子どもと信頼関係を築ける小学校教諭をめざします。

立石 朋子さん

在学生 立石 朋子さん(児童教育学科 児童教育学専攻4年)

豊富な模擬授業は、名古屋女子大学ならでは。 教室で実際に発揮できる力が身につきました。

小学校教諭をめざす私にとって、9教科の模擬授業に取り組む「教科教育法」は、とても有意義なものでした。指導案を組み立て、小学校で行われている45分間の授業を実際に展開する経験を何度も重ねたことで教育実習の準備を万全にできたと思います。児童教育学科の先生方は、現場経験豊富な教育のプロフェッショナルばかりで事例をもとに小学校現場での児童の実態を教えてくださいます。そこから、さまざまな子どもたちとのコミュニケーションの取り方や対処法を学ぶことができました。将来は、子どもたちに「学校は楽しい」と思わせる先生になりたいと思います。

西本 真子さん

卒業生 西本 真子さん(2018年3月卒業、静岡県教育委員会 勤務)

子どもたちに寄り添い、一人ひとりを 輝かせることができる教師をめざします。

最初は幼稚園教諭と小学校教諭のどちらをめざすか迷っていました。しかし、実習や教職インターンシップを通し、自分の働きかけで子どもたちの成長を促せること、また子どもの反応によって自身も成長できることに魅力を感じ、小学校教諭をめざすようになりました。4年間を通して学んだのは、子どもとの関わり方や教師としてのあり方です。グループワークではクラスメイトのさまざまな考え方から学ぶことも多くありました。教員採用試験対策では先生方の親身なサポートが大きな支えになり、合格につながったと思います。今後は、子どもたちに寄り添い、輝かせることのできる教師をめざします。

 
学べる学問
  • 教育学
  • 教員養成
  • 心理学
  • 児童学
  • コミュニケーション学

 

目指せる職業
  • 保育士
  • 幼稚園教諭
  • 小学校教諭
  • 中学校教諭

資格
  • 保育士
  • 幼稚園教諭
  • 小学校教諭
  • 中学校教諭

名古屋女子大学の所在地/問い合わせ先

所在地
〒467-8610 愛知県名古屋市瑞穂区汐路町3-40
ホームページ http://www.nyusi.nagoya-wu.ac.jp/
E-mail nyusi@nagoya-wu.ac.jp
ページの先頭へ

名古屋女子大学の資料や願書をもらおう

  • 資料請求
  • 願書請求

※資料・送料とも無料

-

●入学案内・願書
※資料・送料とも無料

_

スマホ版日本の学校

  • Qr code img?encode mode=8bit&err corect=q&margin=4&rate=3&text=http%3a%2f%2fschool.js88
  • スマホで名古屋女子大学の情報をチェック!