資格カタログ

ケアクラーク技能認定試験

  • 受験情報を見る
  • 問い合わせを見る

介護報酬請求事務だけでなく付随する様々な事務をこなす介護従事者

 高齢社会の到来で、介護関係の従事者が求められる中、それに関わる事務職のニーズも増えてきました。介護の現場で必要とされる事務職には、介護報酬請求事務だけでなく、来客応対、電話応対、ケアマネジャーが作成したケアプランが円滑に行えるようにサポートをするなど、多岐にわたる仕事をこなすことが求められます。介護に特化した事務についてその知識や技能を検定するのがケアクラーク技能認定試験です。コミュニケーションの技法や老人の心理、介護技術やリハビリテーションの知識など幅広く問われます。
 小規模な施設では介護のお手伝いをすることもあるようで、同時にヘルパーなどの資格も取っておくと活動の場が広がります。

活躍の場

居宅介護サービス機関、介護保険施設

受験情報

受験資格 問いません。
受験科目 学科:介護事務知識
実技:介護報酬請求事務 介護給付費明細書作成
受験料 6,700円(税込)
申込方法 所定の受験申込書に受験料を添えて、当該受験地域の日本医療教育財団支部へ郵送(現金書留)または持参ください。
試験方法・取得方法 学科試験(筆記/択一式)25問・50分、実技試験2問・60分で各々の得点率が70%以上を合格とします。

問い合わせ

ケアクラーク技能認定試験
(民間資格)
一般財団法人 日本医療教育財団
東京都千代田区猿楽町2-2-10
03-3294-6624(代)
http://www.jme.or.jp/

※上記の資格情報は2018年4月段階の情報です。詳しくは各主催団体にお問い合わせください。

資格カタログ 「ケアクラーク技能認定試験」の紹介
資格カタログでは「ケアクラーク技能認定試験」の、受験情報や問い合わせ先などを紹介しています。資格の取得を目指すには、まず情報を集めることから始まります。資格カタログを確認し、「ケアクラーク技能認定試験」に関する理解を深めましょう。また、日本の学校では目指す資格から専門学校や大学・短期大学を探すことができますので、気になる学校には資料を請求して、資格取得に向けた支援の内容など詳細な情報を集めましょう。
日本の学校は「ケアクラーク技能認定試験」の資格取得を目指す皆さんを応援します。

ページの先頭へ