資格カタログ

サービス介助士(ケアフィッター)

  • 受験情報を見る
  • 問い合わせを見る

おもてなしの心と安全な介助技術を身につける

 サービス介助士(ケアフィッター)は、「入浴・排泄・食事」など、介護を担うホームヘルパーの資格とは違い、お年寄りや体の不自由な人に対する「おもてなしの心」と「安全な介助技術」を身につけるための資格です。この資格は公益財団法人日本ケアフィット共育機構が認定しているもので、講座は自宅での事前学習で基礎を学び、2日間の実技教習で「おもてなしの心」と「安全な介助技術」を学びます。

 現在では、運輸業・小売業・観光業・レジャー産業など多くの企業でサービス介助士が育成されています。また、大学・専門学校の講座にも取り入れられており、社会的ニーズの高い資格になっています。

活躍の場

交通(鉄道・航空・バスなど)、旅行会社、ホテル、旅館

受験情報

受験資格 詳しくは主催団体のホームページをご確認ください
受験科目 詳しくは主催団体のホームページをご確認ください
受験料 41,040円(消費税8%込)
申込方法 インターネット
試験方法・取得方法 検定試験:筆記試験(3択問題/マークシート方式)
自宅学習>課題提出>実技教習>検定試験>認定証・認定状授与の流れになります。

問い合わせ

サービス介助士
(民間資格)
公益財団法人 日本ケアフィット共育機構
東京都千代田区神田三崎町2-2-6 三崎町石川ビル2階
0120-0610-64
http://www.carefit.org/

※上記の資格情報は2018年4月段階の情報です。詳しくは各主催団体にお問い合わせください。

資格カタログ 「サービス介助士(ケアフィッター)」の紹介
資格カタログでは「サービス介助士(ケアフィッター)」の、受験情報や問い合わせ先などを紹介しています。資格の取得を目指すには、まず情報を集めることから始まります。資格カタログを確認し、「サービス介助士(ケアフィッター)」に関する理解を深めましょう。また、日本の学校では目指す資格から専門学校や大学・短期大学を探すことができますので、気になる学校には資料を請求して、資格取得に向けた支援の内容など詳細な情報を集めましょう。
日本の学校は「サービス介助士(ケアフィッター)」の資格取得を目指す皆さんを応援します。

ページの先頭へ