資格カタログ

ユニバーサルデザインコーディネータ

  • 受験情報を見る
  • 問い合わせを見る

多くの人が使いやすいと感じる物づくりをプランニング

 ユニバーサルデザインコーディネーター認定資格とは、実利用者研究機構が認定する、ユニバーサルデザインの視点で、商品作りや印刷物・施設・サービス・接客などを効果的に改善する知識・スキルの資格です。
 資格は、入門・基礎レベルの3級から、統括リーダーレベルの1級まで5つのレベルがあり、取得するためには、実利用者研究機構の認定した認定機関にて、該当レベルの養成講座の全てのカリキュラムを受講する必要があります。受講が修了したら、検定試験を受験し合格すると資格を得ることが出来ます。

活躍の場

メーカー、建築会社、保険会社、開発会社、デザイン会社、出版社、サービス業

受験情報

受験資格
受験科目 養成講座の内容(養成講座受講後に検定試験が行われる)
【3級】ユニバーサルデザインコーディネイトの定義と7原則、多分野にわたる具体例に学ぶ、業務に反映する為の考え方、ユニバーサルデザイン担当者の話を聞く、実務に活かす為の考え方
【準2級】商品開発やサービス改善に必要な配慮を系統立てて学習、様々な使い勝手の両立を学ぶ6つの疑似体験、体験を業務に反映する為のアウトプット
【2級】ユニバーサルデザイン視点のヒューマンエラー・認知科学・人間工学(講習、診断書作成&アドバイザリ演習)
【準1級・1級】詳細は主催団体へお問い合わせください
受験料 【3級】受講料6,500円(税別)、受験料1,500円(税別)
【準2級】受講料60,000円(税別)、受験料3,000円(税別)
【2級】受講料170,000円(税別)、受験料6,000円(税別)
【準1級・1級】詳細は主催団体へお問い合わせください
申込方法 インターネット、電話、FAX、メール
試験方法・取得方法 【3級】養成講座(講習+ワークショップ3時間)受講後、検定試験(マークシート試験)に合格すれば資格取得となる
【準2級】養成講座(講習6時間+疑似体験6時間+ワークショップ)受講後、検定試験(課題提出+筆記試験)に合格すれば資格取得となる
【2級】養成講座(学科15時間+演習15時間+ワークショップ)受講後、検定試験(レポート+面接)に合格すれば資格取得となる
【準1級・1級】養成講座の詳細は主催団体へお問い合わせください(検定試験はレポート提出)

問い合わせ

ユニバーサルデザインコーディネーター
(民間資格)
内閣府認証 特定非営利活動法人 実利用者研究機構
東京都豊島区駒込1-41-15六義園アビタシオン2階
TEL:03-6666-8925 FAX:03-6685-7443
http://www.ud-web.com/

※上記の資格情報は2018年4月段階の情報です。詳しくは各主催団体にお問い合わせください。

資格カタログ 「ユニバーサルデザインコーディネータ」の紹介
資格カタログでは「ユニバーサルデザインコーディネータ」の、受験情報や問い合わせ先などを紹介しています。資格の取得を目指すには、まず情報を集めることから始まります。資格カタログを確認し、「ユニバーサルデザインコーディネータ」に関する理解を深めましょう。また、日本の学校では目指す資格から専門学校や大学・短期大学を探すことができますので、気になる学校には資料を請求して、資格取得に向けた支援の内容など詳細な情報を集めましょう。
日本の学校は「ユニバーサルデザインコーディネータ」の資格取得を目指す皆さんを応援します。

ページの先頭へ