資格カタログ

介護保険実務士

  • 受験情報を見る
  • 問い合わせを見る

接客マナーや介護に関する幅広い知識が必要な事務

 介護保険に関するサービスは、ますます多様化しています。病院、施設、歯科医院、薬局だけでなく、デパートや商店、建設会社など、介護保険サービスには多くの業種が関係します。
 介護保険実務士は、これらの団体や会社から地方自治体への介護報酬請求をはじめ、介護サービスを受けられる方の相談窓口としての役目が求められています。介護サービスの知識を有していることはもちろん、接客マナーや相手を思いやる力、コミュニケーション能力が必要となります。また、これらの業務には、計算や記録など、コンピュータを使った作業も含まれますので、情報処理の技能も持ち合わせていることが大切です。

活躍の場

介護サービスを行う団体・会社

受験情報

受験資格
受験科目 必須科目:社会福祉、介護概論、医療の基礎、老人心理学、介護技術、介護事務総論、介護事務演習、情報処理
選択科目(科目・項目より2以上取得):訪問介護員、介護実習、介護事務演習II、ケアプラン作成演習、接遇・マナー
受験料 7,000円
申込方法
試験方法・取得方法 所定の科目及び単位を修得し、会員校の大学・短期大学並びに専門学校に2年以上在学、もしくは卒業しなければなりません。

問い合わせ

介護保険実務士
(民間資格)
特定非営利活動法人 日本医療福祉実務教育協会
大分県別府市亀川中央町29-10 学校法人溝部学園 別府溝部学園短期大学 内
0977-66-0224
http://www.iryo-fukushi.com/

※上記の資格情報は2018年4月段階の情報です。詳しくは各主催団体にお問い合わせください。

資格カタログ 「介護保険実務士」の紹介
資格カタログでは「介護保険実務士」の、受験情報や問い合わせ先などを紹介しています。資格の取得を目指すには、まず情報を集めることから始まります。資格カタログを確認し、「介護保険実務士」に関する理解を深めましょう。また、日本の学校では目指す資格から専門学校や大学・短期大学を探すことができますので、気になる学校には資料を請求して、資格取得に向けた支援の内容など詳細な情報を集めましょう。
日本の学校は「介護保険実務士」の資格取得を目指す皆さんを応援します。

ページの先頭へ