資格カタログ

福祉レクリエーション・ワーカー

  • 受験情報を見る
  • 問い合わせを見る

福祉現場のレクリエーションを支援

高齢者や障がい者などが、レクリエーションを通じた自己実現の快感や、生きがいを見つけだす手助けを行うのが福祉レクリエーション・ワーカーの仕事です。 福祉レクリエーション援助のプロフェッショナルとして、福祉施設や地域の中などでの活躍が期待されています。

 福祉施設内では、生活プログラムとしての「レクリエーションタイム」の企画・準備・運営を行い、福祉施設利用者が生き生きと楽しく過ごすための支援を行います。 また地域では、様々な形のボランティアスタッフの養成やコーディネート、その他、施設内と地域との連携づくりのための企画・運営なども行います。

資格取得までのステップとしては、各都道府県のレクリエーション協会に講座の申込をし、通信教育、スクーリング、現場実習で規定の過程を学ぶことが必要です。福祉レクリエーション・ワーカーの学習過程は2年以上3年未満程度の学習期間がかかります。

活躍の場

特別養護老人ホーム、老人健康保健施設、デイサービス、介護予防事業、地域サロン、障害者施設、保育園・幼稚園など

受験情報

受験資格 通信教育課程修了者、満20歳以上
受験科目 -
受験料 受験料5,142円/公認料10,285円/登録料16,458円
申込方法 -
試験方法・取得方法 通信教育課程修了者を対象に審査会(筆記・実技)を実施し、合否を判定します。

問い合わせ

福祉レクリエーション・ワーカー
(民間資格)
公益財団法人 日本レクリエーション協会
東京都台東区台東1-1-14 ANTEX24ビル7階
03-3834-1091
https://recreation.or.jp/

※上記の資格情報は2018年4月段階の情報です。詳しくは各主催団体にお問い合わせください。

資格カタログ 「福祉レクリエーション・ワーカー」の紹介
資格カタログでは「福祉レクリエーション・ワーカー」の、受験情報や問い合わせ先などを紹介しています。資格の取得を目指すには、まず情報を集めることから始まります。資格カタログを確認し、「福祉レクリエーション・ワーカー」に関する理解を深めましょう。また、日本の学校では目指す資格から専門学校や大学・短期大学を探すことができますので、気になる学校には資料を請求して、資格取得に向けた支援の内容など詳細な情報を集めましょう。
日本の学校は「福祉レクリエーション・ワーカー」の資格取得を目指す皆さんを応援します。

ページの先頭へ