資格カタログ

酒造技能士【国】

  • 受験情報を見る
  • 問い合わせを見る

杜氏を目指すならとっておきたい資格

 酒造技能士とは、清酒の製造に必要な知識と技能を持っていることを証明する、国家資格です。中央職業能力開発協会が実施する酒造技能検定試験に合格すると取得できます。酒造りの技術を判定する試験だけに、ある程度以上の実務経験が必要となります。酒造メーカーや日本酒の蔵元に入社し、酒造りの現場を経験することが資格取得の第一歩です。

 資格は「1級」と「2級」があり、試験は「学科試験」と「実技試験」が行われます。お酒に関する試験なので、20才を超えてからチャレンジしてください。

活躍の場

酒造メーカー

受験情報

受験資格 詳しくは主催団体のホームページをご参照ください
受験科目 学科試験:清酒製造法、微生物及び酵素、化学一般、電気、関係法規、安全衛生
実技試験:清酒製造作業
※より詳細な内容は、厚生労働省のホームページにてご確認ください
受験料 各都道府県において定められています。(標準金額は、実技試験17,900円、学科試験3,100円です)
申込方法 詳しくは主催団体のホームページをご参照ください
試験方法・取得方法 実技試験、学科試験

問い合わせ

酒造技能士
(国家資格)
中央職業能力開発協会 技能検定部 企画管理課
東京都新宿区西新宿7-5-25 西新宿木村屋ビルディング11階
03-6758-2859
http://www.javada.or.jp/

※上記の資格情報は2018年4月段階の情報です。詳しくは各主催団体にお問い合わせください。

資格カタログ 「酒造技能士」の紹介
資格カタログでは「酒造技能士」の、受験情報や問い合わせ先などを紹介しています。資格の取得を目指すには、まず情報を集めることから始まります。資格カタログを確認し、「酒造技能士」に関する理解を深めましょう。また、日本の学校では目指す資格から専門学校や大学・短期大学を探すことができますので、気になる学校には資料を請求して、資格取得に向けた支援の内容など詳細な情報を集めましょう。
日本の学校は「酒造技能士」の資格取得を目指す皆さんを応援します。

ページの先頭へ